最新SQL Server 2017対応アプリケーションで実現する“次世代データプラットフォーム”

“あらゆるデバイス、あらゆるOSで、全ての開発言語、全てのデータを”というMicrosoftの理念を実現するための進化を遂げた最新データプラットフォーム「SQL Server 2017」。クラウド化、ビッグデータ、AIといったITトレンドが本格化する中、データベースは業務パッケージソフトウェアで使用されることも多いが、SQL Serverはどのように業務パッケージソフトウェアの価値を高めていくのだろうか。本特集ではSQL Serverにデータプラットフォームを新しく移行/対応した業務パッケージソフトウェアに焦点を当て、実現される“データプラットフォームの未来像”を探っていく。

 Special

Oracle Database運用管理者向けに、SQL Serverの構成および運用管理の基礎(セットアップ、稼働状況確認、バックアップ、メンテナンスと自動化、パフォーマンス監視等)をOracle DBとの違いを明らかにしながら解説する。

(2018年1月29日)
全国886団体を支える公会計システム「PPP(トリプルピー)」がSQL Serverを採用:

地方自治体を中心に全国886の団体に公会計システム「PPP(トリプルピー)」を提供するシステムディ。同社はさらなる経済性と将来的に高度な集計・分析機能を実現すべく、PPPの新バージョンで「Microsoft SQL Server」を標準DBとして採用。複式簿記導入や固定資産台帳の整備など、変革が迫られる地方公会計の現場では、いま何が求められ、新しいPPPはどのような価値を提供しようとしているのか。

(2018年1月10日)
医療DWHソリューションのさらなる“価値向上”のために:

大量データの分析結果から有用な情報を取り出すデータウェアハウス(DWH)は、医療の世界においても、病院経営や診療を改善するためのツールとして使われている。その代表的な製品が、医用工学研究所の医療DWH「CLISTA!」。同社は、「CLISTA! Data Model(CDM)」という同社独自のデータ共通フォーマットの作成にあたり、CLISTA!のデータベースとして「Microsoft SQL Server」を積極採用。その先に見据えているのは、Microsoft Azure上でのクラウドサービスとしての提供だ。

(2017年12月1日)

GDPRに対応するために、「Microsoft SQL Server」を導入している企業は、対象データをどのように管理・運用すべきだろうか。規定に従った形へと変更するための具体的な作業手順を4つのステップで解説する。

(2017年11月24日)

コミュニケーション手段の革新で増えた顧客情報をどのように統合管理するか。急増するチャネルとデータ量は、顧客管理の在り方を変えようとしている。売り上げや利益の拡大、コスト削減、効率化に結び付く統合顧客管理の方法を紹介する。

(2017年11月2日)
SQL Server対応を進める業務パッケージが急増中:

進化の速度でも経済性でも業界トップクラスにある「Microsoft SQL Server」――。このところ、業務パッケージソフトウェアのデータベースとしてSQL Serverを選択する独立系ソフトウェアベンダーが増えている。その理由は「業務パッケージの高付加価値化」「Microsoft Azureとの親和性」「コストメリット」の3点。アセスメントを提供するコンサルタントの存在や、日本マイクロソフトによる支援施策の効果も大きい。

(2017年11月15日)
「データの見える化」と「長く使えるERP」が開発のコンセプト:

ERPの導入目的が「データの“見える化”による情報の有効利用」が大多数となった今、ERPシステムを更新するサイクルも以前に比べて長期化している。そこで、NECは中堅中小企業向け統合ERPソリューション「EXPLANNER/Z」用のデータベースに「Microsoft SQL Server」を選択。Microsoft Azure、Microsoft Power BIとの組み合わせも可能なERP製品として、顧客の要望に応えていく。

(2017年10月30日)
今後はMicrosoft Azure上での稼働も:

パッケージソフトウェアを取り巻く環境変化や、SQL Serverの機能やサービスの発展により、パッケージソフトウェアで「Microsoft SQL Server」を利用する例が増えてきている。その1つが、SCSKのB2C事業者向け統合顧客基盤「eMplex」。数百万人の会員にポイント管理などのサービスを提供するCRM用DBとして、大手小売企業でも数多くの採用実績を誇る製品だ。2018年の早い時期に、Microsoft Azure上での稼働も可能になる予定だ。

(2017年10月23日)
ユーザーの選択肢を広げ、さらなるデータ利活用を加速:

Windowsの世界で圧倒的なシェアを誇るデータベース(DB)プラットフォーム「Microsoft SQL Server」。その活用シーンのさらなる拡大を目指し、次期製品「SQL Server 2017」ではLinux版とDockerコンテナ版も同時にリリースされる。この動きに素早く対応したのが、データ・アプリケーションの統合EDI製品「ACMS E2X」と「ACMS B2B」(以下、ACMSシリーズ)だ。

(2017年9月26日)

 関連記事

Windows Insider Programでプレビュービルドが利用可能に:

Microsoftが2018年後半に正式リリースする「Windows Server 2019」は、ハイブリッドクラウド、セキュリティ、アプリケーションプラットフォーム、ハイパーコンバージドインフラといった分野をはじめとした多くの新機能を提供する。

(2018年3月26日)
SQL Serverトレースフラグレファレンス(20):

「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「トレースフラグ」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は「トレースフラグ1204の詳細と使い方」を解説します。

(2018年3月26日)
SQL Serverトラブルシューティング(67):

本連載では、「Microsoft SQL Server(以下、SQL Server)」で発生するトラブルについて、「なぜ起こったか」の理由とともに具体的な対処方法を紹介していきます。今回は「SQL Serverのサービスが起動しない」場合(その2)の解決方法を解説します。

(2018年3月23日)
Gartner Insights Pickup(52):

「AIは雇用を減らすが、逆にそれ以上の雇用を創出する」「組織がAIを活用していくためには、その限界に注意し、『バイアス』についての意識を高める必要がある」――。Gartnerのエグゼクティブ・バイスプレジデントでグローバルリサーチ責任者のピーター・ソンダーガード氏は、こうしたことを2018年のダボス会議で話した。

(2018年3月16日)

日本マイクロソフトが“感情”と“創作力“をAIに学習させる「Emotion Computing Framework」の取り組みを発表。女子高生AI「りんな」を自然な歌声で歌えるようにする取り組みでは、最新のAIベースの歌唱モデルを採用し、より自然で表現力に富んだ歌声を実現するという。

(2018年3月13日)
特集:マイクロソフトテクノロジーの現在と未来:

機械学習モデルをアプリで活用するためのWindows ML、Edgeベースの新たなWebViewコントロールなど、次期Windows 10に搭載予定の新機能を見てみよう。

(2018年3月13日)
1億台のWindowsデバイスがONNXエコシステムに加わる:

Microsoftは、Windowsの次期メジャーアップデートで、ディープラーニングモデルのオープン標準フォーマット「ONNX」に基づくAIモデルが、「ハードウェアアクセラレーションを使用してネイティブに実行可能になる」と明らかにした。

(2018年3月12日)

野村総合研究所(NRI)は、今後のビジネスや社会に影響を及ぼすIT技術について、数年先までの動向をまとめた「ITロードマップ 2018年版」を発表。AI進化の切り札となる「量子コンピュータ」については、2024年度以降に汎用化と予測する。

(2018年3月9日)
Windows Server 2008のサポート終了に備えよ(2):

前回は、2020年の延長サポート終了後もWindows Server 2008/2008 R2を使い続けるリスクについて解説した。しかし、サーバOSの移行に当たっては、何を考慮し、何をすべきかなど、検討すべきポイントは多い。今回は、最新のサーバOS「Windows Server 2016」へスムーズに移行できるよう、OSの特徴とそれを生かせるような移行方法を解説する。

(2018年3月7日)
AI機能APIを提供するクラウドサービス「Microsoft Cognitive Services」を拡充:

Microsoftは、アプリやWebサイト、botにAI機能を取り入れるためのAPIサービス「Microsoft Cognitive Services」に含まれる「Custom Vision Service」のパブリックプレビュー版と、「Bing Entity Search API」の一般提供開始などを発表した。

(2018年3月5日)
オンプレミスVMを検出し、適性、サイズ、コストを検討して移行を計画:

オンプレミス環境から「Microsoft Azure」への移行計画を支援するガイダンスや分析を提供する「Azure Migrate」サービスの一般提供が開始された。

(2018年3月2日)
Gartner Insights Pickup(51):

ITインフラのモダナイズを進める企業は多いが、そのプロセスは短絡的な思考に基づくものになりがちだ。最大の効果を発揮するための、ITインフラモダナイゼーションの進め方を5つのステップで説明する。

(2018年3月2日)
DX関連のシステム投資が増える予測:

IDC Japanは、国内ITサービス市場の予測を発表した。2017年は対前年比1.4%増の5兆5389億円。2017〜2022年の年間平均成長率は1.1%で、2022年の市場規模は5兆8593億円になると予測する。

(2018年2月27日)
SQL Serverトレースフラグレファレンス(19):

「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「トレースフラグ」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は「トレースフラグ1118の詳細と使い方」を解説します。

(2018年2月26日)

ランドログは、建設業界向けのオープンIoTプラットフォーム「LANDLOG」の提供基盤に日本マイクロソフトの「Microsoft Azure」を採用。ドローンで建設現場を撮影し、Azureにデータを収集して、AI解析するといったシステムの開発が可能になる。

(2018年2月21日)
徐々に投資が本格化する見込み:

IDC Japanは、国内DevOpsソフトウェア市場が、2017年は対前年比16.1%増の166億1000万円、2022年には427億円に達するとの予測を発表した。DevOpsソフトウェアの提供形態が、2022年にかけて徐々にパッケージからクラウドに移行するとの見解を示した。

(2018年2月21日)
SQL Serverトレースフラグレファレンス(18):

「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「トレースフラグ」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は「トレースフラグ1117の詳細と使い方」を解説します。

(2018年2月20日)
SQL Serverトラブルシューティング(66):

本連載では、「Microsoft SQL Server(以下、SQL Server)」で発生するトラブルについて、「なぜ起こったか」の理由とともに具体的な対処方法を紹介していきます。今回は「SQL Serverのサービスが起動しない」場合の解決方法を解説します。

(2018年2月19日)
Windows Server 2008のサポート終了に備えよ(1):

Windows Server 2008/2008 R2のサポート終了日まで後2年を切った。今後、さまざまなところでサポート終了に関するトピックを目にする機会が増えるだろう。そもそも、サーバOSのサポートが終了する影響とは、どのようなものなのだろうか。本連載では、Windows Server 2008/2008 R2を新しいサーバOSへ切り替える必要性やメリットなどを解説する。

(2018年2月16日)
Gartner Insights Pickup(49):

2018年は、さまざまな企業におけるAIへの取り組みが加速し「AI民主化元年」になりそうだ。なぜなら、AIに関わる課題の多くが解決とまではいかなくとも軽減に向かう見通しだからだ。

(2018年2月16日)
SQL Serverトレースフラグレファレンス(17):

「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「トレースフラグ」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は「トレースフラグ902の詳細と使い方」を解説します。

(2018年2月14日)
Microsoft Azure最新機能フォローアップ(47):

クラウドサービスプロバイダーが提供するハイパーバイザー上に仮想マシンを展開し、実行できるIaaSでは、仮想マシンのゲストOSから上層を利用者が管理します。ゲストOSのパッチ管理は、仮想マシンインスタンスの安定稼働とセキュリティ維持に特に重要です。Azure仮想マシンの「Update Management」機能を利用すると、Azureポータルから不足しているOSのパッチを確認し、パッチをスケジュールに基づいて自動展開できます。

(2018年2月15日)
Gartner Insights Pickup(48):

データが価値を生み出す時代に入りつつある今、最高データ責任者(CDO)を任命する企業が増えている。だが、CDOの仕事は綱渡り師のように難しい。成功に近づくためにCDOが採用すべき、6つの戦術を紹介する。

(2018年2月9日)
SQL Serverトラブルシューティング(65):

本連載では、「Microsoft SQL Server(以下、SQL Server)」で発生するトラブルについて、「なぜ起こったか」の理由とともに具体的な対処方法を紹介していきます。今回は「RESOURCE_SEMAPHORE待ちが発生した」場合の解決方法を解説します。

(2018年2月7日)
企業のクラウド、ソフトウェア、インフラ投資が伸びをけん引:

IDCによると、2018年の世界ICT支出は4兆ドルに迫り、このうち消費者支出が1.5兆ドル、銀行、組み立て製造、通信、専門サービスの4業界の合計支出が9000億ドル超となる見通しだ。

(2018年2月6日)
特集「Connect 2018」:

2017年は「お客さまのデジタルトランスフォーメーションの推進」を掲げ、ビジネスを展開してきた日本マイクロソフト。2018年はどう臨み、何をつなげていくのか。同社の代表取締役社長 平野拓也氏に話を伺った。

(2018年2月6日)
Gartner Insights Pickup(47):

企業におけるデジタルトランスフォーメーションでは、変革を「なぜ行うのか」を共有することで求心力が生まれる。米国のCIOが、変革のためのさまざまなコツについて語った。

(2018年2月2日)
東芝テック、日本マイクロソフトなどが参加、町田市の27店舗で実施:

経済産業省は、東芝テックや日本マイクロソフトなど30の企業、団体の参加を受け、「電子レシートおよびAPI」の標準化に向けた「電子レシート」の標準化に向けた実証実験を東京都町田市で実施する。店舗での購買履歴を電子データとしてクラウドに保管することで、消費者は、レシート情報をスマートフォンのアプリで確認でき、店舗は、異なる店舗にまたがった購買情報をビッグデータとして活用できる。

(2018年2月1日)
SQL Serverトレースフラグレファレンス(15):

「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「トレースフラグ」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は「トレースフラグ715の詳細と使い方」を解説します。

(2018年1月30日)

東日本電信電話(NTT東日本)と日本マイクロソフトは、IoTやAI技術を活用して労働力不足を解決するIoTサービスの提供に向けた実証実験を開始する。ウェアラブルデバイスから取得するバイタルデータや位置情報を活用し、人材の有効活用や省力化などにつなげる。

(2018年1月26日)
政府機関のCIOの優先課題はDX、セキュリティ、ガバナンス:

Gartnerの調査によると、2018年の政府機関のIT支出は、クラウド、セキュリティ、BI/アナリティクスといった分野で増えそうだ。

(2018年1月25日)
SQL Serverトレースフラグレファレンス(14):

「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「トレースフラグ」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は「トレースフラグ692の詳細と使い方」を解説します。

(2018年1月23日)
SaaS支出が全体の3分の2近くに:

IDCによると、2018年に世界パブリッククラウドサービス市場は前年比23.2%増の1600億ドル規模となり、2021年には2770億ドルに拡大する見通しだ。

(2018年1月22日)
Database Watch(2018年1月版):

2017年はHadoopやNoSQLなど新しいデータベースの発展がめざましい年でしたが、その一方でデータベースの本流ともいえるRDBも進化を遂げています。SQL Server、Oracle Database、IBM Db2の技術発展と方向性について興味深いポイントを見ていきましょう。

(2018年1月18日)
SQL Serverトレースフラグレファレンス(13):

「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「トレースフラグ」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は「トレースフラグ661の詳細と使い方」を解説します。

(2018年1月16日)
クラウドITインフラの売上高がITインフラ全体の4割超に:

IDCによると、2017年第3四半期の世界クラウドITインフラ市場は、売上高が前年同期比25.5%増の113億ドルとなり、Dellが13.8%のシェアで首位を占めた。

(2018年1月15日)
Gartner Insights Pickup(44):

エッジコンピューティングは、ほぼリアルタイムの洞察を可能にし、ローカルな処理や行動を促進する。IoTにおける多くのユースケースで、なくてはならないソリューションだ。だが、リスクも存在することを忘れてはならない。

(2018年1月12日)
Microsoftの狙いは:

Microsoftは、ハイパフォーマンスのファイルベースストレージ大手のAvere Systemsを買収することで合意した。

(2018年1月9日)
2019年には3兆円を超える見込み:

IDC Japanは、国内ソフトウェア市場規模の2017〜2021年の予測を発表した。2017年は対前年比4.9%増の2兆8367億4500万円、2016〜2021年の年間平均成長率は5.2%で、2021年には3兆4897億円に達する。

(2018年1月9日)
SQL Serverトラブルシューティング(63):

本連載では、「Microsoft SQL Server(以下、SQL Server)」で発生するトラブルについて、「なぜ起こったか」の理由とともに具体的な対処方法を紹介していきます。今回は「NOLOCKテーブルヒントを付与しているのにロック待ちが発生した」場合の解決方法を解説します。

(2018年1月9日)
Gartner Insights Pickup(43):

情報システム部長などのITリーダーがIT投資について経営陣に打診する場合、どのような説明をすべきか。ビジネスへの貢献を軸に、説得力のある指標を3つのステップで用意すべきだ。

(2017年12月22日)
仮想アシスタントやディープラーニングがAIの普及を後押し:

Gartnerは、「2018年はAIの民主化元年となり、これまでよりはるかに幅広い企業や政府機関がAIを利用するようになるだろう」との見通しを明らかにした。

(2017年12月21日)
AI bot作成を強力に後押し:

Microsoftは、AI(人工知能)bot作成を支援する「Azure Bot Service」と「Microsoft Cognitive Services」の1つ「Language Understanding Intelligent Service(LUIS)」の正式版を提供開始した。

(2017年12月18日)
SQL Serverトラブルシューティング(62):

本連載では、「Microsoft SQL Server(以下、SQL Server)」で発生するトラブルについて、「なぜ起こったか」の理由とともに具体的な対処方法を紹介していきます。今回は、「ドキュメントコンポーネントがローカルに保存されない」場合の解決方法を解説します。

(2017年12月18日)
国内エンタープライズインフラ市場は微縮小:

IDC Japanは、「国内エンタープライズインフラストラクチャ市場予測」を発表した。2017年の市場規模を7213億900万円、2021年は6987億7300万円と予測し、クラウド型市場のプラス成長、非クラウド型市場のマイナス成長を見込む。

(2017年12月14日)
量子テレポーテーションに慣れ親しめるかも:

Microsoftは、PC上で「Q#」言語を使って量子コンピュータアプリケーションを作成し、シミュレーターでテストできる「Quantum Development Kit」プレビュー版の無料配布を開始した。

(2017年12月13日)
SQL Serverトレースフラグレファレンス(9):

「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「トレースフラグ」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は「トレースフラグ260の詳細と使い方」を解説します。

(2017年12月11日)
異なるディープラーニングフレームワーク間でAIモデルを移行できる:

ディープラーニングフレームワーク間の相互運用性を実現する「Open Neural Network Exchange(ONNX)」がバージョン1.0となり、本番環境で利用できるようになった。

(2017年12月8日)
Gartner Insights Pickup(41):

AIの一般的な定義では自動化に力点が置かれており、その結果として、ITリーダーやビジネスリーダーにとっての活用機会は見過ごされていることが多い。AIをどのように活用すべきか考えているなら、自社にとって不可欠な部分への活用を追求しなければならない。

(2017年12月8日)
IoTアプリケーションを容易に開発、運用できる:

Microsoftは、IoTのベストプラクティスをサポートし、優れたセキュリティや信頼性を提供する高スケーラビリティのIoT SaaSソリューション「Microsoft IoT Central」のパブリックプレビューを開始した。

(2017年12月7日)
SQL Serverトレースフラグレファレンス(8):

「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「トレースフラグ」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は「トレースフラグ205の詳細と使い方」を解説します。

(2017年12月7日)
SQL Serverトラブルシューティング(61):

本連載では、「Microsoft SQL Server(以下、SQL Server)」で発生するトラブルについて、「なぜ起こったか」の理由とともに具体的な対処方法を紹介していきます。今回は、「SQL Server 2016でSP1をアンインストールしたら起動しなくなった」場合の解決方法を解説します。

(2017年12月6日)
地方によって、IT向け投資意欲に顕著な差:

IDC Japanは、政府などが推進する「地方創生」施策による国内中堅中小企業におけるIT支出への影響度と、ITを活用した取り組みが進む分野について発表した。こうした施策はSMBのIT支出を促進させる可能性があるものの、現状では様子見の企業が多かった。

(2017年11月30日)
オンプレミス環境でMicrosoft Azureの運用が可能に:

デルとEMCジャパンは「Dell EMC Cloud for Microsoft Azure Stack」を発表した。第14世代Dell EMC PowerEdgeサーバにAzure Stackを組み込んだことで、Azureの機能をオンプレミスでも利用可能にした。

(2017年11月29日)
SQL Serverトレースフラグレファレンス(7):

「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「トレースフラグ」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は「トレースフラグ176の詳細と使い方」を解説します。

(2017年11月27日)
「The Next Platform」で読むグローバルITトレンド(16):

これからのデータベースの在り方について、リレーショナルデータベース技術のパイオニアの1人であるマイケル・ストーンブレーカー氏に話を聞いた。今回は、同氏へ行ったインタビューの後編をお届けする。

(2017年11月24日)
地方向け投資の鍵は「意識改革」:

IDC Japanは、「2017〜2021年の公共分野での第3のプラットフォームの国内市場予測」を発表。2018年から2020年にかけて、中央官庁や首都圏の自治体を中心に、東京オリンピック・パラリンピックを見据えた投資が伸びる可能性との見方を示した。

(2017年11月21日)
SQL Serverトレースフラグレファレンス(6):

「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「トレースフラグ」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は「トレースフラグ174の詳細と使い方」を解説します。

(2017年11月20日)
開発生産性を高め、AI、IoT関連開発を簡素化:

Microsoftは開発者向け年次イベント「Microsoft Connect();2017」において、同社の新しいデータプラットフォーム技術とクロスプラットフォーム開発ツールを発表した他、開発者がAIをアプリケーションに組み込み、継続的なイノベーションやデプロイを行うための主要なシナリオや方法も提示した。

(2017年11月17日)
1年間に生成されるデータ量、2025年には2016年比で約10倍に:

IDC Japanは、「IoTとコグニティブを組み合わせることで生み出される価値についての調査結果」を発表した。今後デジタルデータの生成量が急増し、それに伴ってIoTやコグニティブの活用が急拡大するという。

(2017年11月15日)
「The Next Platform」で読むグローバルITトレンド(15):

データベースの世界において、次々に革新を生み出してきたマイケル・ストーンブレーカー氏には、最近のハードウェアの進化がどう見えているのだろうか。SSDや3D Xpointなどの新ハードウェアがデータベースに与える影響について、同氏へ行ったインタビューの前編をお届けする。

(2017年11月14日)
アクセス制御、優先順位付け……:

情報の盗難や流出が頻発する中、データベースを安全に保つには何をすべきなのだろうか。

(2017年11月10日)
AI、デジタルツイン、ブロックチェーン、イベント駆動型モデル……:

Gartnerは、企業や組織にとって戦略的な重要性を持つと考えられるテクノロジートレンドのトップ10を発表した。「AIファウンデーション」「インテリジェントなアプリとアナリティクス」「インテリジェントなモノ」などAI関連技術も多くリストアップされた。

(2017年10月27日)
国内ストレージサービス市場は緩やかに縮小へ:

IDC Japanは、「国内ストレージサービス市場が今後、2021年まで縮小を続ける」との予測を発表した。ストレージ機能の向上でシステムの構築作業が簡素化され、そうしたサービスの売り上げが減少するためだ。

(2017年10月27日)
「データベーススペシャリスト試験」戦略的学習のススメ(27):

あの“津崎さん”も保有する難関資格「データベーススペシャリスト」。本企画では、データベーススペシャリスト試験 午前/午後試験対策のための「基礎知識」を抜粋してお届けします。今回は「パフォーマンス設計」の基礎を解説します。

(2017年10月24日)
Windows Serverの「半期チャネル」による初リリース:

Microsoftは、Windows Serverの「半期チャネル」による初のリリースとなる「Windows Server version 1709」のダウンロード配布を開始した。コンテナやマイクロサービス関連など、多くの新機能を提供する。

(2017年10月20日)
成長をけん引する2つの理由:

IDC Japanは、国内プライベートクラウド市場の予測を発表した。「従来型ITからの移行」と「DXのプラットフォーム」が市場をけん引し、2016〜2021年の年間平均成長率は39.0%、2021年の市場規模は1兆6045億円と予測する。

(2017年10月18日)
SQL Serverトレースフラグレファレンス(4):

「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「トレースフラグ」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は「トレースフラグ3605の詳細と使い方」を解説します。

(2017年10月16日)
アプリにビジュアル、レポート、ダッシュボードを簡単に埋め込める:

Microsoftは、アプリケーションにビジュアル、レポート、ダッシュボードを素早く追加できるAzureサービス「Power BI Embedded」を正式リリースした。

(2017年10月6日)
LinuxとDockerコンテナにも新たに対応し、多数の新機能を提供:

Microsoftはデータプラットフォームの最新版「SQL Server 2017」を正式リリースした。クラウドでもオンプレミスでも利用でき、Windows ServerだけでなくLinuxとDockerコンテナにも新たに対応している。

(2017年10月5日)
Microsoft Azure最新機能フォローアップ(43):

2017年10月2日(米国時間)、「SQL Server 2017」のGAが発表され、正式リリースとなりました。同時に、Microsoft AzureのMarketplaceでSQL Server 2017がインストール済みの仮想マシンイメージが、Docker HubのパブリックリポジトリでSQL Server 2017を含むコンテナイメージが利用可能になりました。

(2017年10月5日)
OSSの使用と提供の役割をさらに拡大させる意向:

Microsoftがオープンソース団体「Open Source Initiative」にプレミアムスポンサーとして参加する。今後、オープンソースコミュニティーとの関わりをさらに広げ、深め、OSIの活動をサポートしていくと方針を示した。

(2017年9月29日)
Microsoft Ignite発表まとめ Microsoft 365の強化、Linux対応SQL Server正式版など:

Microsoftが法人顧客向け年次イベント「Microsoft Ignite」で多数の新世代技術や新サービスを発表。クラウド、AI、MRといった技術を用いて顧客のビジネスを積極支援していく方針を示し、量子コンピュータ関連の研究開発の取り組みや、法人向けの広範な製品やサービスの新展開も発表した。

(2017年9月27日)
SQL Serverトレースフラグレファレンス(1):

「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「トレースフラグ」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。初回は「トレースフラグとはそもそも何か」を解説します。

(2017年9月25日)
SQL Serverトラブルシューティング(59):

本連載は、「Microsoft SQL Server」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか、正しい対処のためのノウハウを紹介します。今回は、「トランザクションログファイルが肥大化したトラブルの解決策」を解説します。

(2017年9月19日)
「Try Azure Cosmos DB for free」を開始:

「Azure Cosmos DB」を24時間無償で試用できるプログラム「Try Azure Cosmos DB for free」が開始された。

(2017年9月12日)
SQL Serverトラブルシューティング(58):

本連載は、「Microsoft SQL Server」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか、正しい対処のためのノウハウを紹介します。今回は、「システムデータベースが肥大化したトラブルの解決策」を解説します。

(2017年9月11日)
SQL Serverトラブルシューティング(57):

本連載は、「Microsoft SQL Server」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか、正しい対処のためのノウハウを紹介します。今回は、「日時の再起動ルーティンで、ある日急にSQL Serverのサービスが起動しなくなった場合のトラブル例」を解説します。

(2017年9月4日)
「Azure Key Vault」との連携で実現:

「Azure SQL Database」と「Azure SQL Data Warehouse」の透過的データ暗号化機能(TDE)で「Bring Your Own Key(BYOK)」がサポートされる。

(2017年8月31日)
Database Watch(2017年上半期特別編 3):

オープンソースソフトウェア(OSS)データベースも「進化の早さ」を眺めているだけでは乗り遅れてしまいます。ここでは、2017年前半に登場したデータプラットフォーム製品と、2017年後半以降に新バージョンが登場しそうな製品を併せてチェックします。

(2017年8月17日)
Linux、Dockerコンテナ向け開発も“ほぼ完了”:

Microsoftは、同社のデータプラットフォームの次期バージョン「SQL Server 2017」のRelease Candidate 2(RC2)を公開。主要な開発は、Windows、Linux、Dockerコンテナ向けのいずれもほぼ完了したという。

(2017年8月4日)
NYのタクシードライバーが“1回の輸送でチップをもらえる確率”とは:

Microsoftは、「SQL Server 2017 CTP 2.0」の主要機能の1つである「Microsoft Machine Learning Services」を使って、エンドツーエンドのデータサイエンスソリューションを構築する方法を学べる実践ガイドを紹介した。

(2017年6月20日)
de:code 2017基調講演(後編):

日本マイクロソフトは2017年5月23、24日に「de:code 2017」を開催。基調講演後半では、AI、Deep Learning、「Mixed Reality」といった「未来のコンピューティング」を実現するためのテクノロジーと、それに向けてMicrosoftが提供する製品、サービスが多数紹介された。

(2017年6月8日)
“on Linux”対応やPythonでのデータ分析を強化:

マイクロソフトが、データプラットフォームの次期バージョンの名称を「SQL Server 2017」に決定したと発表。最新のプレビュー版「Community Technology Preview(CTP)2.0」をリリースした。

(2017年4月24日)
Linux向けSQL Serverの早期検証も可能:

マイクロソフトが、次期SQL Server早期検証プログラム「SQL Server v.Next Early Adoption Program(SQL EAP)」を開始。顧客やパートナーがLinux版も含む「SQL Server」の次期バージョンを早期に利用できるようにし、新機能検証やソリューション開発をしやすくする。

(2017年1月24日)
計16年以上のサポート期間を提供:

マイクロソフトが「Windows Server」と「SQL Server」のサポート期間を6年間追加するライセンスオプション「Windows Server Premium Assurance」と「SQL Server Premium Assurance」を発表。従来の10年から、16年にサポート期間を延長できる。

(2016年12月12日)
コスト競争力をアピール:

マイクロソフトは、「Oracle Database」から「SQL Server」に移行する顧客に、SQL Serverライセンスを無償提供するなどの乗り換え促進プログラムを打ち出した。

(2016年3月11日)
クロスプラットフォーム対応が着々と前進:

マイクロソフトは、2016年出荷予定の「SQL Server 2016」をベースにしたLinux版SQL Serverを2017年半ばに投入する計画だ。

(2016年3月8日)

提供:日本マイクロソフト株式会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT編集部/掲載内容有効期限:2018年3月31日

Copyright© 2021 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

関連リンク

パートナーリンク

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。