@IT情報マネジメント会議室は、2009年4月15日に新システムに移行しました。
新たに書き込みを行う場合には、新しい会議室をご利用ください。
- PR -

クオリティーコントロール

投稿者投稿内容
たーぞう
ぬし
会議室デビュー日: 2003/08/08
投稿数: 317
お住まい・勤務地: お花畑
投稿日時: 2004-04-08 10:23
引用:

るぱんさんの書き込み (2004-04-08 10:06) より:
るぱんです。

>たーぞう様

え〜と、衝突する気はさらさらありません。
と前置きしておいて・・・


あれ、私もそんな気はないです。私の書き方ってそんなように受け止められやすいのかな?

引用:

るぱんさんの書き込み (2004-04-08 10:06) より:
僕は物事は全て中庸、バランス論を採用しています。(これも前置きか?汗)
引用:

でも、アイデアを思い付いた本人にプロジェクト全体を仕切る能力がなかったとしても、それがよいアイデアであるならば、それを実現させたいと考えるのはごく自然な思考ですね


アイデアを出した人は個人的な経験からすると、
自分がそのプロジェクトを取り仕切らないと不満が出ます。

「横から口を出された」
「アイデアを盗まれた」
「わからないけどムカツク」
「あいつにはこの良さがわからないんだよ」

費用対効果の話をするだけで、
「そんなことはやってみないとわからない」
と言う話になりがちです。

競走の点に対しては、僕はある程度の刺激があったほうが良いと考えます。
ライバルがいて、心地よい達成感を得たいですね。

やりすぎると達観して不世出のまま終わりそう?(笑)

まぁ、過不足無く、ムラが出来ないように
やり過ぎず、やらなさ過ぎずが一番でしょうね。

でも、僕は若いうちに感性を殺したくないんで、
「我流で貫ける所は貫く」を採用しています。

根底の環境、思想の違いから来る物ですね。
と言う確認が出来ました。(めでたしめでたし?汗)


えぇ、世の中がるぱんさんのように何でも自分でやっちゃえと考える(そして実行できる)人間ばかりだといいのですが、現実はそうではないので、それじゃ人数を集めて組織を作って長所を集めて全体としていい仕事になるようにしよう、というのが会社の考え方なわけですね。その考え方が、ともすれば単なるユニットとしての仕事を社員に要求するような事態になってしまうのは嘆かわしいことだと思います。

これまでの投稿から察するにるぱんさんは実に意欲に溢れた方なので、無能な上司を上手く操作しながら、いい意味での自己中心的(自分が主体となって、プロジェクト全体の責任を負おうとするような)な仕事を進めていかれるといいと思っています。

追記:私が恐れるのは、ろくに能力のない(更には努力しようとさえしない)者が、「自由」という耳に心地よい言葉を盾に無茶苦茶をやることです。

[ メッセージ編集済み 編集者: たーぞう 編集日時 2004-04-08 10:47 ]
るぱん
ぬし
会議室デビュー日: 2003/08/01
投稿数: 1370
投稿日時: 2004-04-08 11:01
>たーぞう様
引用:

私が恐れるのは、ろくに能力のない(更には努力しようとさえしない)者が、「自由」という耳に心地よい言葉を盾に無茶苦茶をやることです。


激しく同意する所です。
「自由」には「責任」がついて回ります。

僕はその「ろくに能力が無い者」より同世代もしくは下の世代ですので、
同じ目線、目上としてみると非常に歯がゆいと言う印象です。

「若いから」とか、「経験が」、「実績が」、
言われる度に頭にくるので相手がぐうの音が出なくなるまで突っ込み続けます。

まぁ、嫌われますけどね。(笑)

いいんです。
年取ってから苦労したくないですから。
今のうちしか苦労できないですし。

スキルアップ/キャリアアップ(JOB@IT)