- PR -

OleDbException 複数ステップOLEDBの操作でエラー

1
投稿者投稿内容
こだ
会議室デビュー日: 2003/07/15
投稿数: 6
投稿日時: 2003-10-09 10:37
毎回、質問ばかりで心苦しいのですが、教えてください。
WebServiceからMS-ACCESSのファイルに読み書きしているのですが、
Rowの削除を含むUpdateを実行した時に「複数ステップOLEDBの操作でエラーが発生しました」となってしまいます。
開発マシンでは上記のエラーが発生せずに、正しく削除や書きこみがおこなわれるのですが、別マシンに移した時に上記エラーが出てしまいます。
この原因は何なんでしょうか?

JETのバージョンを疑ってみたのですが、共にJET4.0でした。
Jitta
ぬし
会議室デビュー日: 2002/07/05
投稿数: 6267
お住まい・勤務地: 兵庫県・海手
投稿日時: 2003-10-09 13:52
こんにちは。

 使用しているデータアダプタをクラスのメンバとして宣言し、RowUpdatingイベントを拾ってみてください。ここで各行ごとに実行するSQL文を拾うことができるので、debug.writeででも書き出してみましょう。

 おそらく、削除した行を更新しようとしたり、更新した行をさらに更新しようとしたり、そういうことを行っていると思います。←Oracleですが、経験者--;
こだ
会議室デビュー日: 2003/07/15
投稿数: 6
投稿日時: 2003-10-09 19:39
Jittaさん、こんにちは。返信ありがとうございます。

ご指摘の箇所を確認しようとデバッグ用のコードを書いていた時に、
WebServiceを呼び出しているアプリケーションの開発者から、
送っているデータに誤りがあったため送っているデータを修正したところ、複数ステップOLEDBの操作でエラーが発生しました」のOleDBExceptionは発生しなくなったとの連絡があり、
確認したところ、ユーザーの操作次第では削除した行を更新してしまうようなデータが含まれていた可能性があるとのことでした。

教えていただいた方法で確認する前に、原因が解決されたのですが、原因としてはご指摘の通りでした。
WebService側でエラーが出ていたのでてっきりサーバー側の問題だと思っていたのですが、受け取ったデータの矛盾もありえるのですね。

どうもありがとうございました。

1

スキルアップ/キャリアアップ(JOB@IT)