@IT情報マネジメント会議室は、2009年4月15日に新システムに移行しました。
新たに書き込みを行う場合には、新しい会議室をご利用ください。
- PR -

「電話の規格」は「人」の一部?UML表記について

投稿者投稿内容
MamezouHagimoto
常連さん
会議室デビュー日: 2001/10/27
投稿数: 24
投稿日時: 2004-02-19 03:48
萩本です。

こくぼさん

引用:

あっそうだったんですか。
他にも「会社」と「社員」の集約の関係を表す図なんかもあったから
そっちとごっちゃになっちゃったんですね。きっと
#(実は始めからそうなんじゃないかってひそかに思ってました…><)

このスレッドを立てたことで、
色々と考える訓練になって良かったと思っています。
(なんといってもグッドタイミングで著者さまにご意見いただけたし)

連載を読み返し読み返しこれからも勉強させていただきますm(_ _)m



私も助かりました。設計段階のモデルは厳密性を重視しますが、意味
概念のモデルは頭の中で高度に抽象化しているため、思考が曖昧モー
ドになってしまうようです。

こくぼさんにとっても訓練になったということですが、実は私も大昔
に80系アセンブラの解説書を読んでかなり初歩的な疑問を抱き、
ずうずうしくも出版社経由で著者(大学助教授)に電話で質問したこ
とがあります。そしたらその先生、いま思えば返答しなくてもよいこ
とをかなり時間をかけて説明していただいたのです。それをきっかけ
として80系アセンブラは私の得意分野となりました。
その時から、その先生の振る舞いを理想としようと思って、いまにい
たっております。


引用:

若手エンジニアの生きる道には深い感銘を受けました。
自分も会社入ったらこういう人に
『技術でマネジメント』して欲しいなあって感じです。
1.2回読んだだけでも得るものが5個くらい見つかりました。


ありがとうございます。
次回も楽しみにしていてください。私としては毎回生みの苦しみ
がありますが..



[ メッセージ編集済み 編集者: MamezouHagimoto 編集日時 2004-02-19 04:03 ]
MamezouHagimoto
常連さん
会議室デビュー日: 2001/10/27
投稿数: 24
投稿日時: 2004-02-19 03:48
萩本です。

KOUJI YAKOU@ITさん

引用:


と萩本さんからもあるように、随時ご意見を受け付けております。実際、皆さまのご意見が@IT全体の記事を作っているといっても過言ではありません。

今後とも皆さまの貴重なご意見をお待ちしております。

引き続き、活発な議論を展開していただければ幸いです。



谷古宇さん、ありがとうございます。
何かと連載完結後も注文が多い著者になりそうです。
私の頭の中では「初歩のUML」はまだ未完なのです。
説明が足りない部分や、書き足さなければならない部
分が数多くあります。
進化する「初歩のUML」てのをやってみたいですね。
どうぞこれからもよろしくお願いします。


[ メッセージ編集済み 編集者: MamezouHagimoto 編集日時 2004-02-19 04:08 ]

[ メッセージ編集済み 編集者: MamezouHagimoto 編集日時 2004-02-19 04:35 ]
るぱん
ぬし
会議室デビュー日: 2003/08/01
投稿数: 1370
投稿日時: 2004-02-19 10:03
るぱんです。

//*************************************************//
//はじめに:スレッドの趣旨から天地ほどかけ離れてます。御容赦願います。//
//*************************************************//

すごいです。今気がつきました。
僕の中ではUMLはこれから勉強と言う段階です。

今回の議論で自分の中で今まで気が付いて無かった事を2つ気が付きました。
最近他人に物を教える機会があったので非常に勉強になりました。

その2点とは
1.相手は自分の言う事を言葉の通りに受け取ってしまう。
2.相手は言われた通りにやってみて、疑問に思った時に基本の理論に振り返って
  学び直す時が一番成長が早い。

つまり、やってみて疑問に思わなければ理論を必要としない。
それでも理論は大切で、基本に戻れば必ず正解にたどり着く。
その基本を使いこなした時結果として「成長している」なのかな?と思いました。

小手先じゃなくて、いかに基本的なやりかた(「王道」)を突き進むかが大切なんですね。
それを支えるのは「やる気」か・・・。

そのやる気を更に後ろから支えるのって「安心感」とか「信頼」なんではないか?
って思いました。

七味唐辛子さんが「えらい人」とおっしゃってましたが、
そういうのがある人って意味なのかな・・・?

でも、「えらい人」は得てして自分の事は偉いとは言いませんし、
たくさん居る人の中から見つけ出して頭下げて教えて貰うって
難しいですよね。

「えらい人」と言われる方も大変で、何でもかんでも相談持ち掛けられて
ちょっとでも間違ったこというと総スカン食らうし・・・。
本人にとってはちょっとした勘違いとかケアレスミスなんですけどね。(苦笑)

なんか、すんごぃ考えちゃいました。勉強になりました。ありがとうございます。
<自爆>
UMLを勉強せぇよ!
</自爆>

今回の様な「場」提供してくださってる藤村さんや谷古宇さん、
@ITスタッフの皆さんに感謝!

[ メッセージ編集済み 編集者: るぱん 編集日時 2004-02-19 10:07 ]
MamezouHagimoto
常連さん
会議室デビュー日: 2001/10/27
投稿数: 24
投稿日時: 2004-02-21 01:49
萩本です。

るぱんさん

>小手先じゃなくて、いかに基本的なやりかた(「王道」)
>を突き進むかが大切なんですね。

IT関連技術はいろんな技術用語が何層にもなって、
目の前にはびこり真実が見えなくなっています。技術
用語や、常識と思われている技術知識をすべて捨てさ
り、自分の頭を使って、技術用語と用語を形成するメ
カニズムや概念について、平凡な言葉で、ひとつひと
つ再構築しなおすと、いままで見えなかった真実がは
っきり見えてくることがあるように思います。

そのような急がば回れ的な近道が、るぱんさんのおっ
しゃる王道のように思えました。

しっかりとモデリングを勉強して、UMLを自分のものに
してください。今後のご活躍を期待しております。

~~~~
ところで皆様
ありがとうございました。
谷古宇さんの方で既に変更を終えていただいたようです。

初歩のUMLに加筆した書籍が今月末に発刊されます。
どうぞよろしくお願いします。
http://hybooks.atmarkit.co.jp/data/2004/uml/

萩本順三

スキルアップ/キャリアアップ(JOB@IT)