ソニー生命、マルチプラットフォーム環境でのバッチ・ジョブ自動運用に「A-AUTO」を採用

2006/5/11

 ビーエスピーは5月10日、同社のジョブ管理ツール「A-AUTO」がソニー生命保険の営業支援システムに採用されたと発表した。

 ソニー生命では営業支援システムのプラットフォームにLinux、UNIX、Windowsを採用しており、これら各OS環境にそれぞれA-AUTO for Linux、A-AUTO for UNIX、A-AUTO for Windowsを導入した。同社では既存システムにおいてメインフレーム版A-AUTOを使用しており、その運用ノウハウを活かすとともに、A-AUTOの連携によるz/OSとオープン系サーバ間でのバッチ・ジョブ自動運転を実現した。

[関連リンク]
ビーエスピーの発表資料

[関連記事]
NTTデータ、オープンソース運用管理ツールの新版を公開(@IT NewsFlash)
システム構成の変更作業時間を最大90%短縮、JP1の新機能(@IT News)
サーバ統合時代に生き残るOSは?(@IT News)


- PR -

「ITmedia マーケティング」新着記事

矢野経済研究所「2024年版 デジタルコンテンツ市場動向調査」を実施
矢野経済研究所は、国内のデジタルコンテンツ市場を調査し、市場概況や主要企業動向を明...

Salesforceの「Einstein Copilot」は他社のAIアシスタントと何が違うのか?
Salesforceが対話型AIアシスタント「Einstein Copilot(β版)」を日本市場で提供開始し...

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年6月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。