企業IT資産を可視化するメタデータ・リポジトリ製品をリリース、BEA

2007/9/21

 日本BEAは9月21日、同社のメタデータ・リポジトリ製品「BEA AquaLogic Enterprise Repository 3.0」の出荷を同日より開始すると発表した。

 AquaLogic Enterprise Repositoryは、アプリケーション、ビジネスプロセス、ポリシーといったさまざまな企業IT資産を共通のメタデータ・リポジトリで保存・管理する製品。IT資産とそれに対応するプロジェクトとの間の依存関係を可視化し、資産管理を容易にするとともに、これらIT資産の再利用によるコスト効果を分析することもできる。また、ポリシーの遵守状況を明確化することによりIT統制の強化を図ることができる。

 日本BEAでは、同製品はSOA(サービス指向アーキテクチャ)の構築において有効であるとしている。同製品にサービスを登録することにより、サービス再利用の可否やROIを評価するとともに、サービスの変更によるシステム全体への影響を管理・統制できるという。

 同製品のライセンス料金は、サーバマシンのCPU単位で設定される。具体的な価格は公表されていない。

[関連リンク]
日本BEAの発表資料

[関連記事]
再プログラミング必要なサービスは「SOAといえない」(@IT News)
BEA、SOA基盤となるサービスレジストリの新製品を出荷開始(@IT NewsFlash)
「IDのハブになる」、オラクルがSOA対応のID管理製品出荷へ(@IT News)


- PR -

「ITmedia マーケティング」新着記事

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...

香り体験をデジタル化する「香りリテールメディア」 東芝テックとスコープが提供開始
店頭に香りリテールメディア用のタブレットと香料噴射器が付いた商品棚を設置して、消費...

電通と電通デジタル、電通プロモーションプラス3社横断のCX専門チームが発足
dentsu Japanの3社は、分散しがちだったCXの施策、ノウハウ、データをつなげるストック型...