嘉悦大学、OSSの活用でソフトウェア購入費ゼロで情報基盤を再構築

2007/10/15

 オープンソース・ソリューション・テクノロジは10月15日、オープンソース・ソフトウェア(OSS)を活用することで、ソフトウェア購入費用なしに、嘉悦学園嘉悦大学の情報インフラを再構築したと発表した。

 新情報インフラはOSに「CentOS」、認証基盤に「OpenLDAP」、Windowsクライアント向け認証基盤/ファイルサーバに「Samba」、メール送信サーバに「Postfix」、メーリングリスト・サーバに「Mailman」、Webサーバに「Apache」、ブログソフトに「WordPress」、データベース管理システムに「MySQL」、運用監視サーバに「Nagios」「Syslog-ng」、DNSサーバに「Bind」を適用。サーバマシンにはデルの「PowerEdge2950」を9台導入している。

 嘉悦大学は今回の情報インフラ再構築に当たり、Windows Server(Active Directory)環境からの移行、教育研究にかかわるシステム的な制約の撤廃、セキュリティの向上を掲げ、OSSによって柔軟でオープンな基盤を構築した。OSSの適用は導入費用の削減だけでなく、運用面でも効果が大きいとしている。

[関連リンク]
オープンソース・ソリューション・テクノロジの発表資料
嘉悦大学

[関連記事]
Rubyで自治体の業務システム構築、松江で実証実験(@IT News)
「R25」サイトをPostgreSQLで構築、リクルートはOSSをこう考える(@IT News)
「学校にオープンソースを導入しよう!」、IPAが小冊子を発刊(@IT News)


- PR -

「ITmedia マーケティング」新着記事

これからのマーケティングに関する8つの予言(無料eBook)
激動するトレンドを正しく理解することはマーケティングで成功するための第一歩。今回の...

フォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」のEFO(エントリーフォーム最適化)機能が正式版に
nocoはフォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」において、β版として提供して...

広報活動がうまくいっている企業はどのくらいある?――オズマピーアール調査
国内企業の広報担当者200人を対象に、企業広報活動の実態を調査しました。