IHI、仮想化によるサーバ統合でCO2を30トン削減へ

2007/10/30

 日本IBMは10月30日、同社のUNIXサーバ「IBM System p5 モデル570」を、統合会計システム向けにIHIに納入したと発表した。

 IHIは自社の「環境基本方針」に基づいて、環境負荷軽減や環境保全へ取り組んでおり、二酸化炭素(CO2)排出削減を目標の1つとしている。IHIでは同社および関係会社で稼働している「統合会計システム」のバージョンアップに伴うハードウェア更新において、性能強化と環境への配慮、システムコスト削減などの条件を満たすハードウェアの導入を検討、日本IBMの提案を採用した。

 IBMの提案は、従来UNIXサーバ13台だったシステムを2台の「System p5モデル570」に統合、仮想化機能を活用して運用するというもの。新システムは、パフォーマンスが約2倍、消費電力・発熱量が約4割減となるという。これにより、CO2換算で年間約30トンの排出量を削減となり、毎年のシステムコストも約3割の削減を見込んでいる。

 今回の納入は、ディスク・ストレージ装置「IBM System Storage DS6800」なども含めたハードウェアのトータル・ソリューションで、リース提供となる。リース満了後は、IBMが部品単位でリサイクルを実施する。

[関連リンク]
日本IBMの発表資料
IHI

[関連記事]
横浜ゴム、化学物質情報の一元管理システム稼働で環境経営を強化(@IT NewsFlash)
消費電力が1年半で10分の1、インテルがクアッドコア新製品(@IT News)
「電力消費当たり性能時代の幕開け」とインテル(@IT News)


- PR -

「ITmedia マーケティング」新着記事

InstagramなどSNS向けクリエイティブをディスプレイ広告に変換 「Nova」を使う意義と効果は?
インティメート・マージャーはソーシャルディスプレイ広告の作成・配信ツール「Nova」の...

2022年のWeb解析 「GA4」の本格普及でマーケターに求められるスキルセットとは?
マーケティングリーダーが押さえておくべきデジタルテクノロジーのトレンドをエキスパー...

「SDGsやってます」アピールが広告代理店にこそ必要な理由
広告代理店は広告主の持続可能性対策の伝達に精通している。だが、自社についてはどうか...