H.323

エイチサンニイサン

 ITU-T(国際電気通信連合 電気通信標準化部門)が勧告した、音声および動画通信のためのVoIP通信プロトコル。IPネットワーク上で音声や動画をリアルタイムに通信するための標準規格である。1996年に策定されてから何度かバージョンアップが繰り返され、現在は第5版となっている。

 H.323ネットワークは、IPアドレスと電話番号の変換や通信帯域幅の制御などを行うゲートキーパーを中心に、音声信号を変換してゲートキーパーへの送受信を行うゲートウェイ、音声通信を受発信するIP電話などで構成される。このほか、電話会議など多拠点に音声と動画を配信するため、各拠点へのパケット送信を管理する他地点間通信装置(MCU:Multipoint Control Unit)がある。一般的に、MCUはゲートキーパーに内蔵されている。

 H.323は、音声や動画の圧縮などを規格として定めた複数の「コーデック」規格をサポートし、呼制御における手順や制御を厳格に定義しており、既存の電話システムとの親和性も高い。しかし、その一方でプロトコルの構造が複雑、他のインターネット技術との親和性が低い、拡張性が低い、プログラム開発が難しいといったデメリットも指摘されている。

関連記事

関連用語

リンク

Master of IP Network フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -
ソリューションFLASH