検索
連載

代替可能なエンジニアのポストコロナ生き残り術専門性がないなら、休めばいいじゃない(2/3 ページ)

ポストコロナのIT業界とエンジニアの生き残り術を模索する特集「ポストコロナのIT業界サバイバル術」。第4弾は、エンジニアの生き残り戦略です。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

プロになろう

 特定領域に専門性があるエンジニアとは何か。端的にいうと「この領域についてはプロなんで任せてください」と言えるフィールドを持つことじゃないかな、と私は思います。

 最近は、プログラミングスクールで幅広く一通りのことを学んで、そのままSESや派遣などでエンジニアを始める方も増えているようですが、そういったスクールで学べる内容だけでは不十分です。

 スクールで学んだことに加えて「この領域が好きだし、技術情報も好奇心があるから追える」といったフィールドがあり、好きだから手を動かしていろんなことをやっているうちに、気が付いたら経験がたまっていて「思えば遠くへ来たもんだ」と感じるようになったら、「そろそろプロと言ってもいいかもな」って感じかなと思います。

 たまにTwitterで「凄腕(すごうで)エンジニアの皆さんはどうやってそうなったんですか?」といった質問を見ることがあります。私の周りにいる技術力の高いエンジニアとこういった話をすると、非常に多い(というかほとんど全部)の回答は「……さぁ? 気が付いたらこうなっていた」といったものです。みんな、特別に何かを頑張ったというよりは、知的好奇心を持てる領域がまずあって、それについて好きに知識を追って、実際に手を動かして血肉にしていったら、いつの間にか専門家になっていました、という感じのようです。

その領域をどうやって見つければいいのか

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る