検索
連載

バッチの実行プランをXML形式で出力するSQL Server動的管理ビューレファレンス(64)

「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、バッチの実行プランをXML形式で出力する方法について解説します。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

SQL Server動的管理ビュー一覧

 本連載では、「Microsoft SQL Server(以下、SQL Server)」で使用可能な動的管理ビューについて、動作概要や出力内容などを紹介していきます。今回は動的管理ビュー「sys.dm_exec_query_plan」における、バッチの実行プランをXML形式で出力する方法について解説します。対応バージョンは、SQL Server(サポートされている全てのバージョン)です。

概要

 SQL Serverでクエリを実行する際には、クエリ文や統計情報を使用してコンパイル処理が実行され、コンパイル結果は「実行プラン」としてプランキャッシュに保存されます。次回以降の実行では、コンパイル前にプランキャッシュが確認され、実行プランが保存されている場合にはコンパイルは行われません。

 実行プランには、クエリの実行時にテーブルやインデックスをどのように使用するか、どのようにデータを結合するか、どういった計算を行うのかなどの情報が、どのような流れで処理するかも含めて記録されています。また、コンパイル時に計算されたコスト情報やデータ量の推測などの情報も含まれています。

 「sys.dm_exec_query_plan」動的管理関数を使用することで、実行プランをXML形式で出力できます。

 XML形式の実行プランは、SQL Server Management Studio(SSMS)を使用することで、グラフィカルに表示することや、他の実行プランと画面上で比較することが可能です。

構文と引数

構文 sys.dm_exec_query_plan(plan_handle)

列名 データ型 説明
plan_handle varbinary(64) 実行プランを一意に識別する識別子
実行プランがプランキャッシュ内に存在するか、現在実行されている必要がある
次の動的管理オブジェクトから取得できる
 ・sys.dm_exec_cached_plans(Transact-SQL)
 ・sys.dm_exec_query_stats(Transact-SQL)
 ・sys.dm_exec_requests(Transact-SQL)
 ・sys.dm_exec_procedure_stats(Transact-SQL)
 ・sys.dm_exec_trigger_stats(Transact-SQL)

出力内容

列名 データ型 説明
dbid smallint ステートメントがコンパイルされたデータベースのID
objectid int この実行プランのオブジェクトのID
アドホックおよび準備されたバッチでは「NULL」
number smallint 番号付きストアドプロシージャに付けられた番号(整数)
アドホックおよび準備されたバッチでは「NULL」
encrypted bit 対応するストアドプロシージャが暗号化されているかどうか
 「0」=暗号化されていない
 「1」=暗号化されている
query_plan xml この実行プランのコンパイル時のXML形式のプラン表示
アドホックバッチやストアドプロシージャの呼び出し、ユーザー定義関数の呼び出しに含まれているTransact-SQLステートメントごとに1つのプランが生成される

動作例

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る