連載:〜ScottGu氏のブログより〜

VS 2010でのIntelliSenseクラッシュの修正

Scott Guthrie 著/Chica
2010/02/15

 本記事は、Microsoftの本社副社長であり、ASP.NETやSilverlightなどの開発チームを率いるScott Guthrie氏のブログを翻訳したものです。氏の許可を得て転載しています。
【元記事】 Intellisense Crashing fix for VS 2010 (2010/02/11)

[ブログに加え、現在Twitterを使って簡単な更新やリンク共有を行っています。twitter.com/scottguで、私をフォローしてください。]

 月曜日(2010/2/8)にVS 2010 RCを出荷し、そのパフォーマンスと安定性に関して、素晴らしいフィードバックをいくつかもらっています。

 けれども1つ問題点があり、多くの人がIntelliSenseのクラッシュに直面しているのを確認しています。これはUI Automationを有効化して、特定のデバイスを接続しているマシン上で非常に頻繁に発生しています。

クラッシュの症状

 もしIntelliSenseがポップアップしている、もしくは閉じようとしている間にエディタで入力していてVS 2010がクラッシュするならば、この問題に該当しています。

なぜクラッシュが起こるのか?

 このクラッシュの発生の一番多い原因は、マシンが以下のような場合です。

  • タブレットPC(ペンを使用していなくても)である
  • マルチタッチ・スクリーンのドライバが有効化されている
  • ペンやWacomタブレットのような外部入力デバイスが接続されている
  • スクリーン・リーダが有効化されている

 RC出荷の直前に行った最後の方の修正で、UI入力コード・パスを修正したものが、残念ながらこのバグを発生させてしまいました。

この問題の修正に対するパッチ

 VS 2010 RCパッチの出荷に向けて作業中で、来週リリース予定です。これはこの問題を修正し、発生を防ぎます。パッチが利用可能になったら、そのポインタをブログ投稿します。

現時点でのこの問題の対応策

 現時点での対応策は2つあります。1つは、システム上のタブレット・サービスを無効にするか(この方法の詳細は、この記事を読んでください)、マルチタッチ/ペンのドライバを無効にします。もう1つは、レジストリ・キーの設定です。

 これらの対応策については、このVSチームのブログ投稿で確認できます。

もしまだクラッシュする場合は?

 これらのステップを試しても、まだクラッシュするようであれば(またはIntelliSenseが原因ではないクラッシュに直面する場合)、私宛てにメールしてください(scottgu@microsoft.com)。

 発生した内容ついて、確実にすべて調査し、フォローアップしたいと思っています。

 Hope this helps,

 ScottEnd of Article

   
 
インデックス・ページヘ  「〜ScottGu氏のブログより〜」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH