連載:〜ScottGu氏のブログより〜

Visual Studio 2010でプロジェクトとソリューションのピン留め

Scott Guthrie 著/Chica
2010/05/17

 本記事は、Microsoftの本社副社長であり、ASP.NETやSilverlightなどの開発チームを率いるScott Guthrie氏のブログを翻訳したものです。氏の許可を得て転載しています。

 これは、VS 2010および.NET 4リリースに向けたブログ投稿シリーズの第24弾です。

 本日のブログ投稿は非常に小さいですが便利なVS 2010の機能で、Windows 7のタスク・バーおよびVS 2010のスタート・ページにプロジェクトやソリューションを“ピン留め”する機能をカバーします。これによりIDEでプロジェクトを素早く探して開くことができます。

[ブログに加え、現在Twitterを使って簡単な更新やリンク共有を行っています。twitter.com/scottguでわたしをフォローしてください]

Windows 7タスク・バー上のVS 2010のジャンプ・リスト

 Windows 7では、スクリーンの下部にあるタスク・バーのカスタマイズのサポートが追加されました。必要に応じて、アプリケーションのアイコンを、その上に“ピン留め”および再配置できます。

 Visual Studio 2010を使用しているほとんどの開発者は、恐らくすでにWindows 7のタスク・バーへVisual Studioアイコンを“ピン留め”し、常に表示させておけることをご存じだと思います。まだ知られていないことは何かというと、Visual Studio 2010もタスク・バーの“ジャンプ・リスト”を公開していて、最近使用したプロジェクトを素早く探してロードさせるために使用できる点です。

 これを行うには、単純にタスク・バーのVS 2010アイコンを右クリックすればよく、最近のプロジェクトの一覧が確認できます。どれかをクリックすると、それがVisual Studio 2010でロードされます。


図1

Windows 7でVS 2010ジャンプ・リスト上にプロジェクトをピン留め

 これもVS 2010でサポートされている素晴らしい機能ですが、ジャンプ・リストにプロジェクトをオプションとして“ピン留め”する機能で、これにより常にリストの一番上に表示されます。これを利用するには、ピン留めしたいプロジェクト上にマウスを移動して、右に表示されている“ピン留め”アイコンをクリックします。


図2

 ピンをクリックすると、そのプロジェクトはジャンプ・リストの一番上の新しい“ピン留め”リストへ追加されます。


図3

 これにより、常に一覧の一番上に、独自のプロジェクト一覧を表示できます。お好みでそれらをクリックし、ドラッグして好きな順番で表示できます。

Windows 7ジャンプ・リストで素敵なキーボード・トリック

 Scott Cate氏が教えてくれた素敵なトリックは、Windows 7ジャンプ・リストをマウスを使用せずにキーボードから動作させる機能です。

 単に[Windows]+[Alt]+[数字]キー(=タスク・トレイにあるアイコンのインデックス)を押すと、ジャンプ・リストが表示されます。例えば、上記のVS 2010はわたしのマシン上で左から4番目のプログラム・アイコンです。そのため、[Windows]+[Alt]+[4]キーを同時に押すと、VSのジャンプ・リストが表示されます。

VS 2010のスタート・ページとプロジェクトのピン留め

 VS 2010には新しい“スタート・ページ”があり、デフォルトでは毎回新しいVisual Studioのインスタンスを起動すると表示されます。学習やヘルプ用のリソースを表示するのに加え、“最近使ったプロジェクト”セクションもあり、最近作業したプロジェクトを素早くロードするのに使用できます。


図4

 スタート・ページの”最近使ったプロジェクト”セクションでも、いつアクセスしたかにかかわらず、常に一覧にあるようにしたいプロジェクトへのリンクを“ピン留め”する概念をサポートしています。

 その一覧へプロジェクトを“ピン留め”するには、一覧内の項目上にマウスを持っていくと表示される“ピン”アイコンを選択するだけです。


図5

 プロジェクトをスタート・ページの一覧へピン留めすると、(“ピン留めを外す”ことがない限り)常にそれはそこに表示されます。

まとめ

 ピン留めをサポートするというこのプロジェクトは、小さいけれどVS 2010の利便性をうまく改善しており、プロジェクト/ソリューションをより簡単に素早く探してロードできます。同時に、多くのプロジェクトで作業している場合に、それらをロードする便利なショートカットを提供します。

 Hope this helps,

 ScottEnd of Article

 
インデックス・ページヘ  「〜ScottGu氏のブログより〜」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH