Vistaの地平
第11回 機能が向上したWindows Vistaのグループ・ポリシー

2.ポリシー・テンプレートの格納場所と編集方法

Microsoft MVP
小鮒 通成
2007/07/19

ポリシー・テンプレートの格納フォルダとファイルの種類

 Windows Vista対応のポリシー・テンプレートはWindows XP以前のものとはまったく異なる実装になっている。そのため従来のWindowsとは異なるシステム・フォルダに格納され、また、ファイル拡張子も変更されている。従来のWindowsとの違いは以下のとおりである。

格納されるフォルダ
フォルダ名 用途
%SYSTEMROOT%\INF Windows XP:従来のテンプレート
%SYSTEMROOT%\PolicyDefinitions Windows Vista:共通テンプレート
%SYSTEMROOT%\PolicyDefinitions\ja-JP Windows Vista:言語別テンプレート
格納されているテンプレート・ファイル名
ファイル名 用途
<ファイル名>.adm Windows XP:従来のテンプレート
<ファイル名>.admx Windows Vista:共通テンプレート
<ファイル名>.adml Windows Vista:言語別テンプレート
ポリシー・テンプレートの格納フォルダとファイルの種類
通常%SYSTEMROOT%環境変数には“C:\Windows”が代入されているが、システムにより異なることがある。

 Windows Vistaの新しいポリシー・テンプレートには2種類のカテゴリが存在する。まず、ポリシー・テンプレートのルート・フォルダとなる%SYSTEMROOT%\PolicyDefinitionsに、基幹部分の共通グループ・ポリシー設定を定義するテンプレートが配置され(これは言語に依存しない)、必要に応じて定義されたサブフォルダ(例えば日本版の場合はja-JPなど)に、ポリシーの表示などを定義する言語別の追加テンプレートが配置されている。

 ファイル名に関しては、従来のオールインワンあるいはアプリケーション別のテンプレート(基本的には4種類程度である)から、機能別にそれぞれ定義された各テンプレートが存在するため、デフォルトでも132種類のテンプレートが存在する。このテンプレートが共通部分と言語別にそれぞれに存在することになる。必要があれば、Windows VistaシステムのpolicyDefinitionフォルダの下を直接確認するとよく分かるだろう(次の画面参照)。

Windows Vistaの%SYSTEMROOT%\PolicyDefinitionsフォルダの内容
Windows Vistaでは、グループ・ポリシー・テンプレートの保存場所が変更されている。
  保存されているグループ・ポリシー・テンプレート。

ポリシー・テンプレートの追加と編集の方法

 ポリシー・テンプレートは従来と同様にグループ・ポリシーに追加を行うことができる。

 従来であれば、例えば新規ポリシー・テンプレートをグループ・ポリシーに反映したい場合、GPOE(グループ・ポリシー・オブジェクト・エディタ)からポリシーを開いて[管理用テンプレート]のプロパティの[テンプレートの追加と削除]からテンプレートを追加する必要があった。しかしWindows Vista対応のポリシー・テンプレートであれば、%SYSTEMROOT%\PolicyDefinitionsおよび%SYSTEMROOT%\PolicyDefinitions\ja-JPフォルダにテンプレートを追加し、GPOEでポリシーを再度開けばそれで完了である。

 また、従来実装のポリシー・テンプレートの内容を加えて反映させたい場合は、GPOEからポリシーを開いた状態で従来と同じ方法(上記を参照のこと)で追加することもできる。なお、ヘルプでは.admファイルのほかに.admxおよび.admlも従来の方法でインポートが可能と記載されているが、筆者が確認した限り、.adm以外のファイルは選択肢に表示されず、無理に追加しようとすると.admファイルのみ追加が可能な旨のメッセージが表示されてしまう。

 従来の.admファイルを追加した場合、GPOE上で[従来の管理用テンプレート(ADM)]という項目が加えられ、設定が可能となっている。

Windows Vistaで従来のテンプレートを追加した場合の例
Windows Vistaで従来のテンプレートを追加すると、このような項目に保存される。
  従来のテンプレートを表す項目。
  従来のテンプレートの内容の例。

 また、.admxファイルの手作業での編集は、従来の.admファイルに比べて格段に難しく、はっきりいえば不可能だ。この要件を満たすために、マイクロソフトでは、「ADMX Migrator」というツールを無償公開しており、GUIおよびコマンド・プロンプト上から実行することができる。

  • ADMX Migrator(マイクロソフト ダウンロード センター)

 ADMX Migratorツールは、Windows Vistaであればそのままインストールが可能だが、Windows Server 2003やWindows XPであれば、必要なService Packを適用した上、.Net Framework 2.0以降および管理コンソール3.0(MMC 3.0)が必要となる。インストール条件などの詳細については、上のダウンロード・ページの情報を確認してほしい。

 ADMX Migratorを利用することで、admx/admlテンプレートの新規作成や編集、従来のadmテンプレートのadmx/admlテンプレートへの移行といったことが可能だ。

 一例としてADMX Migratorを使って、admテンプレートをadmx/admlテンプレートに移行させた画面例を掲載する。admテンプレートは日本語で書かれたものであったが、きちんと移行することが可能であった。余談だが、ADMX Migratorツールでは.admxと.admlファイルは同一ディレクトリに存在する必要があるため、%SYSTEMROOT%\PolicyDefinitionsフォルダにあるadmxテンプレートを直接編集することはできない(コピーなどで対応する)。

 具体的な手順としては、まずADMX Migratorを起動し、[Generate ADMX from ADM]をクリックして移行ファイルを作成する。

ADMX Migratorツールの起動
このツールを使うと、従来のadmテンプレートをadmx/admlテンプレートに移行できる。
  これを選択して右クリックする。
  ポップアップ・メニューからこれを選択する。

 .admファイルを選択実行すると自動的に.admxおよび.admlファイルが作成されるので、編集のためにツールに読み込むかどうかを選択する。

生成されたファイルの読み込み
変換が成功するとこのようなダイアログが表示されるので、許可する。
  これをクリックして読み込む。

 すると移行された.admxおよび.admlファイルの内容が読み込まれ、フォームから編集が可能となる。

変換された.admファイル
変換と読み込みが成功すると、このように表示される。
  読み込んだカスタム・テンプレート。
  設定項目。
  値。

グループ・ポリシーの設定項目

 新しいグループ・ポリシーの設定項目は非常に多岐にわたっており、大幅に項目が増加した。どのような項目があるのかについては、画面キャプチャをご覧いただきたいが、ごく一例を挙げれば、従来は事実上グループ・ポリシーなどでは管理不能であった[電源設定のオプション]項目が、[電源の管理]ポリシーからほとんど設定可能になったなど、さまざまな変更点が加えられている。

■グループ・ポリシーの[コンピュータの構成]の一覧

Windows Vistaにおける[コンピュータの構成]グループ・ポリシー(部分)
全リストを見るにはこれをクリック。

■グループ・ポリシーの[ユーザーの構成]の一覧


Windows Vistaにおける[ユーザーの構成]グループ・ポリシー(部分)
全リストを見るにはこれをクリック。

 詳細については紹介しきれないので、まずはポリシー各項目の[説明]タブの内容を確認いただきたい。すべてを確認したい場合は、以下のリンクからExcelファイルがダウンロードできるので、その内容を確認していただきたい。


 INDEX
  Vistaの地平
  第11回 機能が向上したWindows Vistaのグループ・ポリシー
    1.Windows Vistaのグループ・ポリシー・テンプレートについて
  2.ポリシー・テンプレートの格納場所と編集方法
    3.コンピュータ・ポリシーとユーザー別の追加ポリシー
    4.ドメイン環境でのグループ・ポリシーの展開

 「 Vistaの地平 」


Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Windows Server Insider 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH