ビジネスソフト ヒント×テクニック
一般


PowerPointの文字や絵が動かせない場合には?

ビーコミュニケーション
加藤 恭子

2007/1/23

PowerPointはプレゼンテーションのほか、提案書作成などビジネスには欠かせないツールになっている。しかし、意外に使い方が知られていない部分がある。

- PR -

 昔から、PowerPointについて同僚からよく聞かれた質問に「この文字や絵が動かせないんだけど、どうしたらいいの?」というものがありました。

 PowerPointは、各スライドに共通して入れる「マスタ」(スライドマスタ。透かして使える下敷きのようなもの)を設定することができます。ここに文字や絵が入っていると、標準モードでは移動させようとしても動かすことができません。例えば下の画面1の場合、スライド上下の会社ロゴを含むデザインや左下の日付はマウスで選択することもできません(画面1)。

画面1 スライドマスタが設定されている場合、標準の状態ではマスタに登録されたデータは編集できないクリック >> 図版拡大

 ここで、スライドマスタを編集してみましょう。メニューバーの[表示]−[マスタ]−[スライドマスタ]を選択します(画面2)。すると、スライドマスタが表示されます(画面3)。

画面2 [表示]−[マスタ]−[スライドマスタ]を選ぶクリック >> 図版拡大

画面3 スライドマスタが表示されるクリック >> 図版拡大

 例えば、ここでスライドの下方に表示されているデザインを消してみます(画面4)。

画面4 スライドマスタで、デザインを変更するクリック >> 図版拡大

 それから、[表示]−[標準]で元の画面に戻ると、スライドの下に表示されたデザインがすべてのスライドから消えました(画面5)。

画面5 標準でもデザインが反映されるクリック >> 図版拡大

 すべてのスライドに入れるものはスライドマスタに、特定のスライドにだけ入れるものは各スライドに置くようにすると、PowerPointファイルの作成・修正がとてもラクになります。

 ちなみにこのテンプレートのデザインは、プロのデザイナーに作ってもらったものです。PowerPointにはあらかじめ、さまざまなテンプレートが用意されていますが、一度専門家にオリジナルデザインのテンプレートを作成してもらうと、これを使いまわす(※)ことで完成度の高いブレゼンテーションシートを作ることができます。特に会社の場合には、共通のテンプレートを用意するとCIにもつながります。

デザインを発注するときに、流用してよいという許諾を得ておく必要があります

筆者プロフィール
加藤 恭子(かとう きょうこ)
横浜市大卒。青山学院大学院国際政治経済学研究科修士課程修了。アスキー、ソフトバンクなどを経て、ナスダック上場外資系企業のPR/マーケティングマネジャーを歴任。また雑誌などでIT系、資格系の執筆を行う(日経BP社、ダイヤモンド社、ソフトバンクパブリッシング、翔泳社など)。現在、IT系企業、ベンチャー企業のマーコム・PRコンサルティング、テクニカルライティングの仕事を行う「ビーコミュニケーション」という屋号で活動。「オルタナティブブログ」に参加しているほか、マーケティングや転職などの情報を配信する無料メールマガジン「B-zine」を配信中。
オルタナティブブログ「きょこ コーリング」
B-zine

「ビジネスソフト ヒント×テクニック」 − INDEXページへ


この記事に対するご意見をお寄せください managemail@atmarkit.co.jp

キャリアアップ

- PR -
@IT Sepcial
@IT Sepcial

「ITmedia マーケティング」新着記事

「6G」の特許出願レースは中国がリード、日本は追い付けるか?
2020年台後半には実用化が始まるといわれる6Gの技術。日本は世界で存在感を示せるでしょ...

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。