Web 2.0マーケティング・イノベーション


<バックナンバー>

マーケティングの本質は“双方向性”にあり
連載:Web 2.0マーケティング・イノベーション(8)
 顧客の支持が得られる真に有効なWebマーケティングを実現するには、Webをどのように活用すればよいのだろう?
“真のコミュニケーション”とは何か
連載:Web 2.0マーケティング・イノベーション(7)
 ITツールを駆使して、まさにいま行っている消費者とのやり取りは、本当に“コミュニケーション”と呼べるのだろうか?
顧客と企業が、互いに学び合う時代
連載:Web 2.0マーケティング・イノベーション(6)
 CS向上のためのあらゆる施策が限界に達しているいま、顧客の欲求を満たせる“新たな経済価値”とは何なのだろう?
“きずな”がWebコミュニケーションの常識となる日
連載:Web 2.0マーケティング・イノベーション(5)
 “きずな”を重視する傾向は、いまやマーケティングの世界だけではなく、Webメディア一般の在り方として定着しつつある
“きずな”を結ぶ新たな手法「エンゲージメント」
連載:Web 2.0マーケティング・イノベーション(4)
 Web 2.0時代、企業と消費者を結ぶのは“きずな”!? 関係構築の新しいコンセプト、“エンゲージメント”を解説する
CGMが切り拓くマーケティングの未来
連載:Web 2.0マーケティング・イノベーション(3)
 Web 2.0と関連の深い用語として注目を集めている“CGM”。マーケティングにとって、どのような価値があるものなのか?
クチコミ・マーケティングの秘めた効果とジレンマ
連載:Web 2.0マーケティング・イノベーション(2)
 ブログやSNSでは、クチコミ情報が不特定多数に一挙に伝わる。これを利用したマーケティング手法が注目を集めている
Web 2.0が企業マーケティングに突き付けるもの
連載:Web 2.0マーケティング・イノベーション(1)
 Web 2.0の登場により、企業のマーケティング戦略は大変革を迫られている。新時代の企業とマーケティングの在り方を考察


筆者プロフィール
森田 進(もりた すすむ)

経営・ICTコンサルタント。ストラテジック・リサーチ代表取締役、「産・学・官リサーチセンター」主宰、国際印刷大学校客員教授。バランスト・スコアカード、ITガバナンスをはじめとする各種経営・公共モデルの導入支援、オントロジ工学、セマンティックWeb、Webサービス論の研究および白書監修。そのほか、SaaS、ナラティブ・テクノロジなど多岐にわたって探求を深める。著書に、『新たなビジネスモデルの覇者ASP』『複雑適応系と電子市場・電子取引』、訳書に『Webサイト完全マスター』ほか。論文に「eラーニングと物語論(ナラティブス)」「バランス・スコアカードの発展、枠組みの再構築」ほか多数。
産・学・官リサーチセンター: http://www.x-portals.com/

この記事に対するご意見をお寄せください managemail@atmarkit.co.jp
@IT Sepcial
@IT Sepcial

「ITmedia マーケティング」新着記事

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...