テクマトリックス、J2SE5.0に対応したJtest 7.5を出荷開始

2006/3/10

 テクマトリックスは3月9日、米パラソフトが開発したJava 対応自動ユニットテストツール、「Parasoft Jtest 7.5」(Jtest 7.5)」日本語版の販売と出荷を同日に開始すると発表した。テクマトリックスはパラソフトの国内総代理店。

 「Jtest」はJavaアプリケーションのテストツール。新バージョンではJ2SE5.0 をサポートし、より多くの開発環境で使用できるようになった。また、アプリケーション実行時にその動作をモニターし、実際に使用されたテストケースをJtest のテストケースとして自動生成する別売り機能、「Test Case Sniffer」が追加された。

 テクマトリックスでは、Jtest 7.5、Parasoft WebKing、Parasoft SOAtestなどのパラソフト製品を活用し、安全性の高いJava アプリケーションを開発するためのJava コード用セキュリティポリシーの策定、コーディングルールの選定と作成、開発環境、自動検証環境、セキュリティ品質管理環境の構築支援などの「セキュリティソリューション」も提供していく。さらに、Test Case SnifferやJtest の自動テスト機能を活用したさまざまなソリューションを提供していくという。

[関連リンク]
テクマトリックス

[関連記事]
SOA環境に必須のテストとは、テクマトリックスが新ツール発売 (@ITNews)
開発作業の70%はデバッグ? テクマトリックス (@ITNews)
製造業のテスト手法をソフト開発に生かす、米Parasoft (@ITNews)


- PR -

「ITmedia マーケティング」新着記事

外注費の実態 「動画制作」「マーケティング」が大きく増加の傾向――ランサーズ調査
フリーランスや専門会社への「外注」について、どのような業務の外注費が増加傾向にある...

SEO対策において「古い記事」をどうすべきか? 3つの対処法を解説
SEOの観点では、古い記事は削除した方がいいのか、残しておいても大丈夫か。どのような対...

「広告のムダ打ち」はなぜなくならない? アドフラウド以外に考慮すべき3つの視点
「アドフラウド」以外に、広告が届けたい相手にきちんと届くようにするために留意すべき...