博報堂・IBMビジネスコンサルなど4社、ブランディング+CRM新会社を設立

2006/4/4

 博報堂、凸版印刷、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム、IBMビジネスコンサルティングサービスは4月3日、4社共同でブランディングとCRMを専門とする新会社を設立することに合意したと発表した。

 新会社は「株式会社BrandXing(ブランドクロッシング)」で、ブランド構築活動とCRM活動を統合した「ブランデッドCRM」という考え方を基本に、顧客との関係を構築する。

 業務領域は、マーケティング戦略の立案、CRMの運用、ダイレクトレスポンスサービス、ダイレクト販売ビジネス支援の各分野に加え、これらを統合するクリエイティブやプロモーション、マスメディアやインタラクティブメディアなどのメディアサービスを手掛ける。設立は、2006年6月1日の予定。

[関連リンク]
博報堂DYホールディングスの発表資料(PDF)
凸版印刷の発表資料
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムの発表資料(PDF)
IBMビジネスコンサルティング サービス

[関連記事]
マイクロソフトが業務アプリに参入表明、来年前半にCRM投入(@IT News)
これからのSAPはERPよりもCRMに注力?(@IT News)
ガートナーが提案、CRM戦略はマーケティングを重視せよ(@IT News)


- PR -

「ITmedia マーケティング」新着記事

営業デジタル化を加速するクラウド顧客獲得ツール「nocoセールス」でできること
営業の人的リソースが足りない組織が短いサイクルで顧客を効率的に獲得する仕組みを作る。

富士通の「デジタルセールス」が目指すこと
この連載のタイトルにあるように、富士通はインサイドセールスのことを「デジタルセール...

ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、...