ヤマダ電機、ショッピングサイトにリアルタイムリコメンデーションを導入

2006/7/27

 ALBERT(アルベルト)は7月26日、同日よりヤマダ電機のショッピングサイトに同社のリコメンデーションエンジン「Bull’s eye」の提供を開始したと発表した。

 Bull’s eyeは、買いたさとスペックの関係を最適化した商品データベースを構築し、推薦対象商品とユーザーの理想とする商品との距離を測定して近い順に推薦するリアルタイムリコメンデーション・システム。スペックや専門用語など商品に対しての知識があまりない消費者にも、最適な商品を推奨できるため、顧客満足と売り上げの向上が見込める。

 ALBERTでは今後、さまざまな分野のECサイト、実店舗の営業支援ツールとして、同製品を提供していく予定としている。

[関連リンク]
ALBERTの発表資料(PDF)
ヤマダ電機ショッピングサイト

[関連記事]
「まだeCRM市場は伸びる」、ベイテックシステムズ(@IT News)
エピファニー、初の実行系CRM製品をリリース(@IT News)
Dynamoはマーケティングの知恵を蓄積させるツール、ATG(@IT News)


- PR -

「ITmedia マーケティング」新着記事

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...