実績ベースで業務を可視化するプロジェクト管理ツール、デンソークリエイト

2006/11/14

 デンソークリエイトは11月13日、同社の工数・プロジェクト管理ツールの最新バージョン「TimeTracker FX」の販売を開始したと発表した。

 同製品は、トヨタ生産方式などのリアルタイムな作業時間計測によって生産性を向上させる方法を、ソフトウェア開発などの業務に実現させたプロジェクト管理ツール。綿密な計画からプロジェクトを管理する従来型のプロジェクト管理ツールとは異なり、高精度の実績工数に基づいてさまざまな角度からプロジェクトや業務を可視化し、プロジェクト管理や業務の改善を支援する。

 ラインアップには、基本ツールとなる「TimeTracker FX Standard Edition」と、これに計画機能やモニタリング機能を追加した「TimeTracker FX Professional Edition」がある。価格はStandard Editionの10ライセンスパックが31万5000円、100ライセンスパックが210万円、Professional Editionの10ライセンスパックが63万円、100ライセンスパック:420万円(ともに税込価格)。

[関連リンク]
デンソークリエイトの発表資料

[関連記事]
根性論で失敗する日本のプロジェクト、MS Projectの解決策は?(@IT News)
システム開発における内部統制も支援するプロジェクト管理システム(@IT NewsFlash)
プロジェクト管理のデファクト、IT&Eが新製品(@IT NewsFlash)
自動車業界向けプロジェクト管理ツール、SAPジャパン(@IT News)


- PR -

「ITmedia マーケティング」新着記事

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。

テレビと広告とTwitterと人間の脳の関係について、いま分かっていること(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

P&Gが「ショッパー」のニーズを満たすために全社横断でやっていること
「LINE BIZ DAY BREAKOUT BRAND&DIRECT」で発表された事例の中から、P&Gが実施したデジタ...