ダノン、乳製品工場に最適スケジューリングシステムを導入

2007/6/6

 仏アイログは6月5日、同社の製造業特化型ソリューション「ILOG Plant PowerOps」が、ダノンのイラプアト工場(メキシコ)に導入されたと発表した。

 ダノンの主力事業である乳製品製造では、一般に10種類の中間製品を製造し、15から25のパッケージラインで120種類の最終製品が製造される。各中間製品は適切な生産量をスケジュールし、厳密な制限時間内に消費しなくてはならないなど、各種の制約も多く、生産計画・管理には複雑な仕組みと手続きが要求される。

 それまでダノンが利用していたシステムは、中間製品と最終製品の製造を統合したスケジュールを作成できず、各生産計画を最適に組み合わせることも不可能で、生産計画の実務は担当者の手作業にゆだねられていた。アイログのソリューションを導入したことで、同工場では生産計画を週間から日間スケジュールに移行。これにより操業の柔軟性が改善し、生産スループットと顧客サービスの向上のほか、廃棄物削減、貯蔵期間の管理精度最大化などの成果を挙げている。

 ダノンでは今後、同ソリューションの実装を世界各地で進めていく意向で、現在はロシア、その後にアルゼンチンで導入する予定としている。

[関連リンク]
アイログ
ダノンインターナショナルサイト

[関連記事]
BPM+ルール管理で内部統制強化、日本プロセスとアイログ協業(@IT News)
日本テレコム、BRMS導入で受注業務を自動化 − @IT情報マネジメント(@IT NewsFlash)
食べている物の産地知りたいでしょ? 食品業界向けERP(@IT News)


- PR -

「ITmedia マーケティング」新着記事

「現金で買い物」は少数派? 意外なポイントの使い道は? 調査で見えたお金への意識の変化
メットライフ生命保険が「全国47都道府県大調査 2024〜社会情勢の変化と将来への備え〜...

どこどこJPに「匿名ネットワークアクセスレポート」が追加
Geolocation Technologyは、「どこどこJP」に新機能「匿名ネットワークアクセスレポート...

先進ブランドは「AR」や「MR」をどう使っているのか(無料eBook)
リアルとバーチャルを融合した空間を創造する先端技術をマーケティング施策に取り入れる...