気象庁気象研究所、日本SGIのデータ配信サービスで気象庁データ提供を開始

2007/9/13

 日本SGIは9月13日、気象庁気象研究所から気象庁データの配信サービスを受注したと発表した。気象研究所は同サービスを使用して9月1日より、気象研究コンソーシアムに参加する全国の研究機関に対する気象庁データ提供を開始している。

 気象研究コンソーシアムは、気象庁と日本気象学会の間で結ばれた共同研究契約「気象庁データを利用した気象に関する研究」に基づいて作られた包括的な枠組みで、日本気象学会の会員を対象に気象庁の気象データを提供する。

 気象研究コンソーシアムの運営委員会事務局が設置された気象研究所では、大容量の気象庁データを全国数十拠点の各研究機関にストレスなく提供するため、その基盤となるネットワーク・サービスを検討、データをストレスなくダウンロード可能である点、将来の拡張性が重視されている点を評価して、日本SGIのサービスを採用した。日本SGIは、同サービスを業務・資本提携関係にあるメディアエクスチェンジ(MEX)の高品質ネットワークとデータセンターを活用して提供する。

[関連リンク]
日本SGIの発表資料
メディアエクスチェンジ
気象庁気象研究所
気象研究コンソーシアム

[関連記事]
国立情報学研究所、次世代学術情報ネットワーク「SINET3」を運用開始(@IT NewsFlash)
DVD転送が5秒から4秒に、東大がネット最高速を更新(@IT News)
戸田建設、全国の建設現場へ緊急地震速報を配信する警報システムを開発(@IT NewsFlash)


- PR -

「ITmedia マーケティング」新着記事

「ECプラットフォーム」売れ筋TOP10(2024年4月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...