Web検索で発生するCO2を植林で相殺、NECビッグローブ

2007/11/22

 NECビッグローブおよびNECは11月22日、Web検索回数に応じてCO2削減のために植林を行う「BIGLOBEツールバー for エコ」の無料提供を同日より開始すると発表した。

 BIGLOBEツールバー for エコは、マイクロソフトのWebブラウザ「Internet Explorer」のツールバーとしてWeb検索機能を提供する。ユーザーが同製品を使用してWeb検索を行うと、データセンターの稼働やPC・ルータなどのIT機器の使用を通じて発生するCO2を相殺するために植林が行われる。

 NECは、同ツールバーから行われたWeb検索100万回当たり1本のユーカリをオーストラリアのカンガルー島へ植林する。同社では、同ツールバーをユーザーに提供することにより、自社のビジネスで発生する環境負荷のみならず顧客のCO2排出についても削減を推進し、持続可能な社会作りに貢献するとしている。

[関連リンク]
NECの発表資料
NECビッグローブの発表資料

[関連記事]
IHI、仮想化によるサーバ統合でCO2を30トン削減へ(@IT NewsFlash)
環境ソリューション事業、2010年で200億円を目指す、NEC(@IT News)
環境に配慮した製品設計を支援するシステムを開発──日立(@IT NewsFlash)


- PR -

「ITmedia マーケティング」新着記事

2022年のWeb解析 「GA4」の本格普及でマーケターに求められるスキルセットとは?
マーケティングリーダーが押さえておくべきデジタルテクノロジーのトレンドをエキスパー...

「SDGsやってます」アピールが広告代理店にこそ必要な理由
広告代理店は広告主の持続可能性対策の伝達に精通している。だが、自社についてはどうか...

データ統合自動化SaaS「trocco」を軸にしたMAとSFAツールの連携ソリューション メリットは?
データ統合自動化サービス「trocco」を軸にMAツール「Adobe Marketo Engage」とCRM/SFA...