Ruby on Railsを手軽に

Windows XP向け「Ruby on Rails」統合開発環境、NaClとOSJ

2006/11/09

 ネットワーク応用通信研究所(NaCl)とオープンソース・ジャパン(OSJ)は11月9日、Webアプリケーション・フレームワーク「Ruby on Rails」を使ったWindows XP向けの統合開発環境「Rails Platform」を発表した。両社は「開発はもちろん、小規模なビジネスアプリケーションの運用までを想定」としている。

 Rails PlatformはWindows XP SP2に容易にインストール可能で、日本語対応機能も強化しているという。Ruby 1.8.5、Rails 1.1.6、MySQL 4.1、RadRails 0.7.1(UIを日本語化)で構成。日本語可用のRailsプラグイン、日本語インストーラ、マニュアル、チュートリアルを含む。

rails01.jpg 「Rails Platform」の利用画面
rails02.jpg エラーメッセージが日本語化されている

 製品ラインアップは2種あり、「Basic」はRails Platform本体に加えて、1年間のソフトウェアのアップデートサービス、回数無制限の問い合わせサポートが付く。「Premium」はBasicに加えて3日間のトレーニングが利用できる。価格は年間更新でBasicが5万円、Premiumが20万円(初年度、次年度以降はBasicに移行)。

 NaClがRails Platform本体の開発とメンテナンス、トレーニングを担当。OSJはNaClと協力し、サポートを提供する。出荷開始は11月下旬から。オンラインショップのOSJオンラインでは同日、発売した。両社は大規模アプリケーションの運用環境として、Linux上でのRuby on Railsに対応する新サービスも近く発表するという。

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

Coding Edge フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...

Z世代の情報源はSNSが断トツ、ただし信用度ではテレビ番組/CMに軍配――ネオマーケティング調査
1996〜2015年生まれの「Z世代」は何を情報源としているのでしょうか。