90分で50問の選択式

Ruby検定の詳細を発表、Rubyアソシエーション

2007/09/19

 Rubyアソシエーションは9月19日、Rubyの資格認定試験の第1回を10月27日に島根県松江市で実施すると発表した。Rubyアソシエーションからの委託を受けて、伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)が認定事業を担当する。試験は90分のペーパーテストで、選択式の問題50問を出題する。受験費用は1万5750円。第2回試験は12月1日に、第3回試験は2008年1月19日に東京と松江の2会場で行う予定。試験内容はRuby言語の開発者でRubyアソシエーションの理事長を務めるまつもとゆきひろ氏が監修した。

 認定試験はRubyベースのシステムを設計、開発、運用するエンジニア、Rubyでシステム提案を行うコンサルタント、Rubyを教える講師などを対象とする。試験の合格者は、Rubyアソシエーションから「Rubyアソシエーション・サーティファイド・プログラマ」として認定される。今後は複数レベルのスキルに対応して認定資格を設定していくほか、2008年2月からはインターネット上で英語による試験もスタートする。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Coding Edge フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...

Z世代の情報源はSNSが断トツ、ただし信用度ではテレビ番組/CMに軍配――ネオマーケティング調査
1996〜2015年生まれの「Z世代」は何を情報源としているのでしょうか。