REST対応機能を強化

Ruby on Rails 2.0がリリース

2007/12/10

 スクリプト言語「Ruby」を使ったWebアプリケーションのフレームワーク「Ruby on Rails」の最新版「2.0.1」が12月7日にリリースされた。開発者のデビッド・ハイネメイヤー・ハンソン(David Heinemeier Hansson)氏がブログで発表した。

 Rails 2.0ではAction PackのResourcesやMultiviewの機能を強化。特にREST Webサービスについての機能を拡張した。セキュリティやパフォーマンスについても新機能を加えた。

関連リンク

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

Coding Edge フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。

テレビと広告とTwitterと人間の脳の関係について、いま分かっていること(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...