電子書籍図書館に対応コンテンツ掲載

Flashベースの電子書籍ビューワ、イーブックが発表

2008/01/18

 イーブック・システムズは1月18日、Flashベースの電子書籍ビューワ「FlipViewer Xpress」を提供開始したと発表した。従来の電子書籍ビューワ「FlipViewer」から機能を削減。その代わりにFlashベースにしてPCにインストールせずに使えるようにした。利用は無料。

 FlipViewer Xpressは「FlipBook」形式の電子書籍を閲覧可能。実際の書籍、雑誌のインターフェイスを模していて、ページをめくりながら電子書籍を読める。コンテンツの不正コピーを防止する基本的なDRM機能のほか、コンテンツの閲覧回数やページごとの購読時間などユーザーの閲覧履歴データを取得する機能がある。

 イーブック・システムズは運営する電子書籍図書館「Flib」で、FlipViewer Xpressを使って読むことができる電子雑誌3誌、電子書籍2冊を公開している。徐々にFlipViewer Xpress対応のコンテンツを増やすという。

ebook01.jpg
ebook02.jpg 「FlipViewer Xpress」のインターフェイス

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

スペルを間違いがちなブランドを調査 「ランボルギーニ」「フェラーリ」、そしてなぜか「スズキ」も?
そこに「h」? 「s」が連続? ブランド名の表記(アルファベット)の難しさに戸惑うの...

2022年に向けてサプライパス最適化(SPO)への投資が増加――IAS調査
広告支出の多くがプログラマティックバイイングに向かう中、SPO戦略への関心が高まってい...

なぜ日本企業だけがデータを中心としたコミュニケーションへの変化に否定的なのか
パンデミックがコミュニケーションに与えた影響について、ビジネスリーダーの評価が日本...