ボリュームライセンスは3月1日から

Windows Server 2008 日本語版が開発者向けに提供開始へ

2008/02/05

 マイクロソフトは2月5日、サーバOSの新製品「Windows Server 2008 日本語版」の開発を完了し、同日MSDNとTechNetの会員向けにダウンロード提供を始めると発表した。ボリュームライセンスの発売は3月1日の予定。パッケージ製品の発売時期はまだ発表していない。

 Windows Server 2008 日本語版はマイクロソフトの開発者向けWebサイトであるMSDNと、ITエンジニア向けWebサイトのTechNetでダウンロード可能にする。

 同製品は仮想化プラットフォームであるHyper-Vを実装。IIS 7.0やPCの検疫を可能にするネットワークアクセス保護機能、セキュアなサーバ環境を実現するSever Core、スクリプトによる操作ができるWindows PowerShellなどが利用できる。ただ、Hyper-Vは製品提供開始時には実装されず、提供開始後180日以内に提供される予定。

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...

Netflixはこれからどう稼ぐつもり?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...