SDK開発を主導

ACCESSがLiMoに参加、Android対抗の構図固まる

2008/02/12

 ACCESSは2月12日、Linuxベースのソフトウェアプラットフォームの構築を行う団体「LiMo Foundation」への参加を発表した。LiMoにはNECやNTTドコモ、モトローラ、サムスン、ボーダフォンなどが参加する。参加メンバーは一部重なるが、米グーグルが主導する「Android」とLiMoとの対決の構図が固まってきた。

 ACCESSはLiMoにコアメンバーとして参加。LiMo仕様のSDKスイートの開発を主導する。SDKスイートは2008年下期に配布予定。LiMo仕様の携帯端末は2008年第4四半期に登場すると見られる。

 また、同社は携帯デバイス向けのLinuxプラットフォーム「ACCESS Linux Platform」(ALP)のアプリケーションが開発できるSDKと関連ツールをセットにした「Development Suite」を、同社の開発者向けポータルサイトを通じて提供開始したと発表した。

 ALPのDevelopment SuiteはフランスのOrange向けにすでに提供していて、Orangeは年内にもALPを搭載したサムスン製の携帯電話「i800」を提供開始する予定。

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

Linux & OSS フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...