4コアのCPU2つと、マルチGPUボードで構成

インテル、計8コアの高パフォーマンスシステムを発表

2008/02/19

 インテルは2月19日、2つのクアッドコア・プロセッサを搭載することで8コアのPCプラットフォームを実現する「インテル デュアルソケット Extreme デスクトップ・プラットフォーム」を発表した。ATIの「ATI Crossfire」またはNVIDIAの「NVIDIA SLI」双方のマルチカード・グラフィック・ソリューションも同時にサポートし、ハイパフォーマンスなシステムを実現できる。インテルでは、最先端のゲーム制作に携わっている3Dアニメーターやデジタルサウンド・アーティスト、HDビデオ編集者などに歓迎されるだろうとしている。

 同システムに対応するのは同社マザーボード「D5400XS」と、「Core 2 Extreme QX9775」の組み合わせ。同CPUは12MBのL2キャッシュ、1600MHzのシステム・バスを備え、動作周波数は3.2GHz。価格は1000個受注時で16万2190円。

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

System Insider フォーラム 新着記事
  • Intelと互換プロセッサとの戦いの歴史を振り返る (2017/6/28)
     Intelのx86が誕生して約40年たつという。x86プロセッサは、互換プロセッサとの戦いでもあった。その歴史を簡単に振り返ってみよう
  • 第204回 人工知能がFPGAに恋する理由 (2017/5/25)
     最近、人工知能(AI)のアクセラレータとしてFPGAを活用する動きがある。なぜCPUやGPUに加えて、FPGAが人工知能に活用されるのだろうか。その理由は?
  • IoT実用化への号砲は鳴った (2017/4/27)
     スタートの号砲が鳴ったようだ。多くのベンダーからIoTを使った実証実験の発表が相次いでいる。あと半年もすれば、実用化へのゴールも見えてくるのだろうか?
  • スパコンの新しい潮流は人工知能にあり? (2017/3/29)
     スパコン関連の発表が続いている。多くが「人工知能」をターゲットにしているようだ。人工知能向けのスパコンとはどのようなものなのか、最近の発表から見ていこう

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2022年5月)
今週は、パーソナライゼーション製品の国内売れ筋TOP10を紹介します。

2022年の「値上げ」に対する消費者の意識と行動――日本インフォメーション調査
消費者はどのような商品・サービスに値上げを実感し、どう対策しようとしているのでしょ...

TikTokのとてつもない稼ぎ力 急成長の秘密は?
TikTokの広告収入はTwitterとSnapchatのそれを足し合わせても追い付かず、近い将来はYouT...