日本語名の汎用JPドメインは23%

JPドメイン登録数が100万件突破

2008/03/04

 JPドメイン名の登録管理とDNS(ドメインネームシステム)の運用を行う日本レジストリサービス(JPRS)は3月4日、JPドメイン名の累計登録数が100万件を突破したと発表した。2008年3月1日現在、累計登録数は100万3285件。1年前(2007年3月1日)と比較して約10万4千件以上、12%の増加となった。

 JPドメインの登録登録件数は1996年8月に1万件、1999年10月に10万件、2003年1月に50万件をそれぞれ達成していて、過去7年で4倍以上になったという。

 JPドメイン名の登録数内訳は「○○○.jp」という形式の汎用JPドメイン名が62万2903件、「co.jp」「ne.jp」などの属性型・地域型JPドメイン名が38万382件となっていて、2001年の登録開始以来、汎用JPドメイン名の伸びが大きいことが分かる。過去1年の伸びでも、属性型・地域型JPドメイン名が4%、汎用JPドメイン名は53万2699件から62万2903件へと9万件以上増え、17%の増加となっている。なお、汎用JPドメイン名のうち、約77%が英数字を使ったドメイン名で、日本語JPドメイン名は約23%にとどまる。

 汎用JPドメイン名の普及の理由としてJPRSは、複数登録が可能なこと、個人による登録が可能なこと、企業による商品ごとのWebサイト開設や、個人ブログなどインターネットを利用した情報発信が一段と進んだこと、年間登録料金の値下げ(2007年3月実施)などを挙げている。

jprs01.png 出典:JPRS発表資料

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Master of IP Network フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

TikTokは若者よりむしろ大人にこそ向いているかもしれないと考えられる理由
TikTok For Businessが「X世代白書〜理由が必要なX世代へ、架け橋を。〜」を発表。若者向...

2021年の国内動画広告市場は前年比142.3%の成長、コロナ禍の落ち込みから反転――サイバーエージェント調査
インターネットを通して配信される動画広告の年間広告出稿額推計とこれからの市場規模推...

対Amazon包囲網も? ポストCookieにおけるCriteoの勝算
Criteoが3億8000万ドルでIPONWEBを買収する。サードパーティーCookie廃止はアドテク企業...