東京駅と品川駅に肩を並べる武蔵中原

「マクドナルド武蔵中原店」がまた上位、公衆無線LAN利用調査

2008/03/12

 ローミングサービスを提供している米アイパスは3月12日、2007年後期の世界の公衆無線LANの利用動向を発表した。国内で公衆無線LANの利用が多い場所の5位には、2007年前期(参考記事)に引き続いて川崎市の「マクドナルド 武蔵中原アルカード店」がランクインした。空港や新幹線駅などいかにも公衆無線LANの利用が多そうな場所が多数ランクインする中での大健闘だ。

 調査はアイパスのローミングサービスを使っているユーザーのセッションベース(ログインしたユーザー数)で集計した。国内では成田空港での利用がトップ。2位には羽田空港 国内線ターミナルが入った。3位は東京・品川の品川インターシティが初めてランクイン。品川は6位にも東海道新幹線の品川駅が入っていて、ビジネスユーザーに公衆無線LANが広く使われていることが伺える。

  1. 成田空港
  2. 羽田空港 国内線ターミナル
  3. 品川インターシティ
  4. JR東京駅 東海道新幹線
  5. マクドナルド 武蔵中原店
  6. JR品川駅 東海道新幹線
  7. JR仙台駅 2階びゅうプラザ
  8. 広島空港
  9. 大阪国際空港
  10. JR名古屋駅 東海道新幹線

 マクドナルド 武蔵中原アルカード店は近くに富士通川崎工場や富士通研究所があり、同社社員や取引先社員の利用が多いとみられる。富士通は「当社の事業所が近いのは事実だが利用実態に関しては分からない」としている。2007年前期に10位に入っていたマクドナルド 港南中央店は2007年後期はランク外となった。

 アイパスによると世界の公衆無線LANの利用は前年同期比89%増と好調な成長が続いている。特に欧州で成長率が高く、ロンドンは世界で最も公衆無線LANが使われている都市。前年同期比の成長率は156%だった。東京も好調で、118%の伸びで世界で3番目に公衆無線LANが使われる都市となった。2位はシンガポール。鉄道の駅や列車内での利用増加がロンドンと東京の公衆無線LAN利用を牽引しているとアイパスは説明している。

関連リンク

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

Master of IP Network フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

Amazon最強伝説を検証する
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

TwitterとShopifyが提携 米国のマーケターが熱視線を送る“ソーシャルコマース”とは?
TwitterはShopifyとの提携により、米国においてEC機能を拡張する。

脱Cookie時代にデジタル広告が取り戻すべきものとは?
インターネット黎明期からデジタル広告の市場創造に携わってきた著者が今、気象データの...