IEの拡張機能として実装

好きなWebページ上に直接メモが書ける「Nayuta」

2008/03/14

 株式会社ぽんこつは3月14日、独自開発のブラウザ・オーバーレイ技術「Nayuta」を使ったサービスの試験運営を開始した。Nayutaは経済産業省IPA未踏ソフトウェア創造事業の支援を受けて、同社が開発したブラウザ拡張技術。Windows上のInternet Explorerに対応する。表示中のWebページとユーザーのデスクトップスクリーンとの間に仮想的な中間レイヤを生成し、そのレイヤ上にオブジェクトを挿入することでWebページ上で直接操作できる機能をユーザーに提供する。利用は無料。

 Nayuta.ClipはユーザーがWebページ上で指定した部分を切り出し、内部のリンクなどを自動的に抽出してクリップを作成する機能。クリップはブックマークとしてサーバ上に保存したり、ほかのユーザーと共有することもできる。画像やリンクを手軽に抽出でき、通常のブックマークに比べて内容が分かりやすいという特徴がある。

 Nayuta.Memoは、Webページの任意の場所にメモを貼り付ける機能。ほかのユーザーがメモの貼られたページを表示した場合に、そのメモを再現してWebページ上で直接追記や議論を行っていくこともできる。

 このほかNayutaにはリアルタイム・ブラウザ同期機能があり、リアルタイムで複数のユーザがWebブラウザの操作を共有することができる。同社は、遠隔地でのサービスサポートやネットラーニングに効果的と説明している。

nayuta01.png クリップの作成機能。範囲を指定してドラッグ。切り出したクリップにはブックマーク代わりとしてサーバ上に保存できる
nayuta02.png メモ機能と、ブラウザ以上にマークを付ける「フリードロー」の機能を利用した例

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には、「プロダクト主導型」という組織としての共通点がある。それ...

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...