アップデートモジュールで利用可能に

ATOKがUbuntu Linuxに正式対応

2008/03/18

 ジャストシステムは3月18日、日本語入力システム「ATOK X3 for Linux」が「Ubuntu 7.10 日本語ローカライズド Desktop」に正式対応したと発表した。Ubuntuユーザーは、ATOK X3 for Linuxと無償ダウンロード提供されるアップデートモジュールを合わせて導入することで、Ubuntu上でATOKを利用できる。ATOK X3 for Linuxの価格は、パッケージ版が1万2000円(税別)、ダウンロード版が7000円(税別)。

 ATOK X3 for Linuxは2007年11月発売。「ATOK 2007 for Windows」と同等の高い変換精度と便利な機能を実現している。Windows版やMac版のATOKで学習した辞書の共有も行える。

atok01.png

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Linux & OSS フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

ロシアのbotファームがXを標的に虚偽情報を拡散 どうしてこうなった?
ロシアによる生成AIとソーシャルメディアを使った世論操作が活発化している。標的とされ...

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...