アップデートモジュールで利用可能に

ATOKがUbuntu Linuxに正式対応

2008/03/18

 ジャストシステムは3月18日、日本語入力システム「ATOK X3 for Linux」が「Ubuntu 7.10 日本語ローカライズド Desktop」に正式対応したと発表した。Ubuntuユーザーは、ATOK X3 for Linuxと無償ダウンロード提供されるアップデートモジュールを合わせて導入することで、Ubuntu上でATOKを利用できる。ATOK X3 for Linuxの価格は、パッケージ版が1万2000円(税別)、ダウンロード版が7000円(税別)。

 ATOK X3 for Linuxは2007年11月発売。「ATOK 2007 for Windows」と同等の高い変換精度と便利な機能を実現している。Windows版やMac版のATOKで学習した辞書の共有も行える。

atok01.png

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Linux & OSS フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...

デジタル化する顧客体験に関する消費者と企業の認識ギャップ――ナイスジャパン調査
問い合わせの初動としてインターネットやFAQ検索をする人が約8割。デジタルチャネルによ...

気象データは近未来のデータ 予測に基づき「役に立つ」広告を届ける
気象データを活用することでどのような広告コミュニケーションが可能になるのか。海外の...