YouTube連携のWebアプリ構築をより容易に

GDataやOpenIDをサポートした「Zend Framework 1.5」リリース

2008/03/19

 ゼンド・テクノロジーズ(Zend Technologies)は3月17日、PHPフレームワークの最新バージョン「Zend Framework 1.5」をリリースした。Webサイトからダウンロード可能なほか、4月にリリース予定のLinuxディストリビューション「Ubuntu 8.04 TLS」にも同梱される予定だ。

 Zend Frameworkは、PHPによるWebアプリケーション開発のためのフレームワークで、オープンソースで提供されている。

 新バージョンでは、Google Data API(GData)や新たなYouTube Data APIに対応した。例えば、YouTubeへの動画アップロードや閲覧、検索などを行うWebアプリケーションをより簡単に構築できる。

 またOpenIDをサポートすることで、複数の事業者にまたがるサービスも容易に構築できるようになっている。同時に、Microsoftが推進している「InfoCard」やLDAP認証にも対応した。ほかにもAjaxサポートの拡張、UTF-8のサポートなど、多くの機能強化が図られている。

 なおゼンドは同時に、Zend Frameworkを用いたプロジェクトへのインシデントレスポンスなどを行う、サブスクリプション型のサポートサービスも発表している。

関連リンク

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

2021年の「広告」「Web解析」「SEO」 重要トピックスを振り返る
2021年のデジタルマーケティングのアップデート内容について「広告」「Web解析」「SEO」...

緊急事態宣言解除後の2021年10月、ドラッグストア&食品スーパーで売れたモノ――True Data調査
緊急事態宣言解除後の人々の生活様式はどう変化したのでしょうか。

Facebook上の動画コンテンツにインストリーム広告を挿入可能に ブランドとクリエイター双方のメリットは?
Facebook上の動画コンテンツの前後や途中に挿入できる広告であるインストリーム広告を日...