正式版は8月までに

MS、仮想化技術「Hyper-V」リリース候補版を提供開始

2008/03/21

 米マイクロソフトは3月19日、サーバ仮想化技術「Hyper-V」のリリース候補(RC)版を提供開始したと発表した。2月に米国で発売したWindows Server 2008に搭載されたベータ版と比べ、今回のRC版はほぼ正式版に近い形だという。Hyper-VのWebサイトからダウンロードできる。

 RC版では、Windows Server 2003 Service Pack 2(SP2)、Novell SUSE Linux Enterprise Server 10、Windows Vista SP1、Windows XP SP3を新たにサポートしている。また対応ホストサーバがWindows Server 2008 Standard、Enterprise、Datacenterの64ビット版まで拡張され、英語だけでなくオプションでドイツ語と日本語にも対応可能となっており、正式版ではさらに多くの言語をサポートする予定という。

 Hyper-Vの正式版は8月までにリリースされる予定で、Windows Server 2008完成から180日以内にHyper-Vを出荷するという当初の計画に変更はないとしている。

関連リンク

(ITmedia)

情報をお寄せください:

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

2021年の炎上発生件数は1766件、前年対比24.8%増――「デジタル・クライシス白書2022」
2021年のデジタル・クライシス(ソーシャルメディアを中心としたネット上で発生した危機...

若者のインスタ離れを食い止めるためにMetaが下した「古参ユーザー切り捨て」の決断
Metaの若者文化への主要な接点であるInstagramは現在、反撃を目指している。メタバースへ...

2022年のEC売り上げ、6割が「伸びる」と予測――フューチャーショップ調査
コロナ禍でも拡大し続けるEC、ポイントは口コミSNSの活用にありそうです。