新たなインストーラー「Wubi」搭載

Windowsとのデュアルブート環境構築が容易に、「Ubuntu 8.04」β版

2008/03/26

 英Canonicalは3月21日付で、Debian派生のLinuxディストリビューション「Ubuntu」の次期バージョン「Ubuntu 8.04」のβ版をリリースした。正式版は4月に公開される予定だ。

 Ubuntu 8.04は「Hardy Heron」のコードネームで開発が進められていたものだ。β版はカーネル2.6.24を採用しており、2.6.23-rc1でマージされた新しいスケジューラ「Completely Fair Scheduler」などを搭載している。

 同時に、KVMを正式にサポートし、仮想マシンの作成/管理を容易に行えるようになった。ほかにも、AppArmorの対象となるアプリケーションを拡大してセキュリティを強化したり、Active DirectoryやiSCSIをサポートするなど、多くの機能拡張が盛り込まれている。

 また、Windowsユーザー向けの新たなインストーラー「Wubi」を利用することで、WindowsとUbuntuのデュアルブート環境を容易に構築できることも特徴だ。Wubiでは、パーティションに手を加える作業を行うことなく、通常のWindowsアプリケーションと同じようにしてUbuntuをインストールできるという。

 デスクトップ向けの「Desktop Edition」ではKDE 3.5.9、GNOME 2.22、OpenOffice.org 2.4.0rc2などが、サーバ用にはApache 2.2、PostgreSQL 8.3、PHP 5.2.4などが搭載されている。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Linux & OSS フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。

テレビと広告とTwitterと人間の脳の関係について、いま分かっていること(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

P&Gが「ショッパー」のニーズを満たすために全社横断でやっていること
「LINE BIZ DAY BREAKOUT BRAND&DIRECT」で発表された事例の中から、P&Gが実施したデジタ...