メジャーバージョンアップは2008年秋に

細かな機能強化を図った「OpenOffice.org 2.4.0」リリース

2008/03/28

 OpenOffice.orgコミュニティは3月27日、オープンソースのオフィススイートの最新版「OpenOffice.org 2.4.0」をリリースした。Windows版、Linux版、Solaris版およびMac OS X版が用意されている。

 OpenOffice.orgは、ワープロソフト「Writer」や表計算ソフトの「Calc」、プレゼンテーションソフトの「Impress」などを統合したオフィススイートで、無償で入手可能だ。新バージョンではバグ修正に加え、HTTPS経由のWebDAVサポートやPDFファイルの処理の強化など、いくつかの機能が追加されている。

 個別のアプリケーションで見ると、例えばWriterでは、スペルチェック機能や検索/置換機能が強化され、Calcでは行/列をドラッグ&ドロップで移動したり、テキストを変換する機能が追加された。データベースの「Base」では、クエリデザイナの改善に加え、Microsoft Access 2007のサポート、MySQLおよびOracle/JDBCサポートの強化などが図られている。

 Office 2007ファイルのサポートやPDF対応強化などの機能を盛り込んだバージョン3.0は2008年秋にリリースされる予定だ。

関連リンク

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Linux & OSS フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...