Flex Builder 3のα版も

Linux向け「Adobe AIR」のα版公開

2008/03/31

 米アドビシステムズは3月31日、Linux版「Adobe AIR」のα版を公開した。

 Adobe AIRは、リッチインターネットアプリケーションの開発環境。HTMLやAjax、Flash、FlexといったWebテクノロジを用いて、クロスプラットフォームで動作するデスクトップアプリケーションの開発、実行が可能だ。

 現在、英語版が同社Webサイトよりダウンロードが可能だ。Adobe AIR for Linuxの最終版は2008年後半に登場する予定で、その際には英語以外の言語もサポートされる予定という。

 なおアドビは同時に、Adobe AIRおよびFlex 3の開発環境である「Adobe Flex Builder 3 for Linux」のα版もリリースしている。

 同社は、Linuxプラットフォーム上でのリッチインターネットアプリケーション開発をさらに促進するため、Linux Foundationに加盟したことも明らかにした。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...

香り体験をデジタル化する「香りリテールメディア」 東芝テックとスコープが提供開始
店頭に香りリテールメディア用のタブレットと香料噴射器が付いた商品棚を設置して、消費...

電通と電通デジタル、電通プロモーションプラス3社横断のCX専門チームが発足
dentsu Japanの3社は、分散しがちだったCXの施策、ノウハウ、データをつなげるストック型...