Flex Builder 3のα版も

Linux向け「Adobe AIR」のα版公開

2008/03/31

 米アドビシステムズは3月31日、Linux版「Adobe AIR」のα版を公開した。

 Adobe AIRは、リッチインターネットアプリケーションの開発環境。HTMLやAjax、Flash、FlexといったWebテクノロジを用いて、クロスプラットフォームで動作するデスクトップアプリケーションの開発、実行が可能だ。

 現在、英語版が同社Webサイトよりダウンロードが可能だ。Adobe AIR for Linuxの最終版は2008年後半に登場する予定で、その際には英語以外の言語もサポートされる予定という。

 なおアドビは同時に、Adobe AIRおよびFlex 3の開発環境である「Adobe Flex Builder 3 for Linux」のα版もリリースしている。

 同社は、Linuxプラットフォーム上でのリッチインターネットアプリケーション開発をさらに促進するため、Linux Foundationに加盟したことも明らかにした。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...