Anaconda改良でパーティションのリサイズも

Fedora 9正式リリース

2008/05/14

 Fedoraプロジェクトは米国時間の5月13日、デスクトップ向けのLinuxディストリビューション「Fedora」の最新版「Fedora 9」を正式にリリースした。同プロジェクトのWebサイトよりダウンロード可能だ。

 Fedora 9はカーネル2.6.25をベースとしており、デフォルトのデスクトップ環境として、ビデオ作成用ユーティリティ「Cheese」などを含む「GNOME 2.22」を搭載。「KDE 4.0.3」や「Xfce 4.4.2」も利用できる。ほかにOpenJDK6、Firefox 3 Beta 5なども搭載している。

 特長の1つは、インストーラの「Anaconda」の改良だ。ext2/ext3/NTFSファイルシステムでパーティションのリサイズが可能となっているほか、暗号ファイルシステムの作成、インストールが行える。またオプションながら、ext3の次世代ファイルシステム「ext4」がサポートされた。

 さらに、新たなパッケージ管理ツール「PackageKit」を採用したほか、システム起動時のプロセス管理システムとして、SysVinit(/sbin/initデーモン)に代わり「Upstart」を採用している。

(初出時、ベースとなるカーネルのバージョンを2.6.15としていましたが、2.6.25の誤りでした)

関連リンク

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Linux & OSS フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

ホンダのメタバースだから「Hondaverse」 フォートナイト内の展開で何を狙う?
ホンダはオンラインゲーム「フォートナイト」にある「Hondaverse」にゲーマーを招待する...

ECサイトのライブコマース連携を簡単に 「MakeShopエンタープライズプラン」が「ライコマ」と連携
「MakeShopエンタープライズプラン」を利用するEC事業者は、初期開発費用不要で「ライコ...

金融デジタルサービス利用実態、世代間で異なる重視ポイント――アドビ調査
金融デジタルサービスの利用においては利便性を重視するデジタルネイティブに対し、50代...