PHP、Groovyコードにも対応

IBM、マッシュアップ基盤「WebSphere sMash」発表 無償版も

2008/06/12

 日本IBMは6月12日、PHPをサポートするマッシュアップの開発、実行基盤製品「WebSphere sMash V1.0」の日本語対応版を6月20日に発売すると発表した。Web上のコンテンツだけでなく、SOAPベースのWebサービス、REST、JSONをサポートし、企業の既存の情報システムからも情報を取得できるのが特徴。

ibm01.jpg 日本IBMの理事 WebSphere事業部長のデビッド・ベイト氏

  sMashはマッシュアップの開発環境、実行環境で構成する。開発環境はWebブラウザベース。フィードの取得やサービスの呼び出し、データ変換など65以上のモジュールが用意され、ドラッグ&ドロップでパイプをつなぎ、アプリケーションを構築できるようにしている。PHP、Groovyのコードも組み込むことができる。Eclipseのプラグインもある。

 実行環境はJava SEの仮想マシン上に構築される。1つのアプリケーションごとに1つの仮想マシンを割り当てる考えで、仮想マシン上でsMashのランタイム、PHP、Groovyの独自ランタイムが起動する。HTTPサーバ機能もあり、開発したアプリケーションをすぐにデプロイし、実行できる。

ibm02.jpg sMashの構成
ibm03.jpg sMashで開発するマッシュアップ・アプリケーションの全体像

 日本IBMの理事 WebSphere事業部長のデビッド・ベイト(David Bate)氏はsMashについて「社内データ、社外のデータをサーバサイドで組み合わせられる機能がもっとも面白い」と話し、「真のエンタープライズ環境でマッシュアップをするには、SOA、Webサービスの考えを組み合わせる必要がある」と説明した。

 sMashはIBMが2007年6月に始めた「Project Zero」の成果だ。Project ZeroではsMashのプロトタイプを公開し、ユーザーのレビューを受けながら開発を進めた。sMash自体はオープンソースソフトウェアではないが、ソースコードのダウンロードが可能で、6月10日現在で40万2000のダウンロードがあったという。

 sMashは143万円から。5つのアプリケーション・インスタンスまで稼働させることができる。メッセージングの信頼性を高めるオプション製品「WebSphere sMash Reliable Transport Extensions」も発売する。価格は28万6000円。

 sMashには上記のProject Zero版以外に、IBMによるサポートがない無償版の「WebSphere sMash Developer Edition」もある。機能は製品版と同じだが、4つのプロセッサコアまでしかサポートしないなど制限がある。IBMは開発環境としての利用を想定している。

(@IT 垣内郁栄)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...

Z世代の情報源はSNSが断トツ、ただし信用度ではテレビ番組/CMに軍配――ネオマーケティング調査
1996〜2015年生まれの「Z世代」は何を情報源としているのでしょうか。