ActionScriptとの日本語データ連係も可能に

日本語環境に対応した「Adobe AIR 1.1」登場

2008/06/17

 米アドビシステムズは6日17日、オフライン対応のリッチクライアントアプリケーションを開発するための無償のSDK「Adobe AIR(Adobe Integrated Runtime)」の正式アップデート版「Adobe AIR 1.1」をWebサイトで公開した。新版は、日本語環境に正式対応したアップデート版で、Webサイトから無償でダウンロードできる。

 Adobe FlexでAIR 1.1のアプリケーションを開発するには、Flex BuilderやDreamweaverなどの開発環境も最新版にアップデートする必要がある。このアップデートにより、AIRアプリケーションの開発と配布の際の、ActionScriptとの日本語データ連携やAjaxを使ったHTMLの読み込みが可能になる。

 関連ドキュメントによると、日本語環境に関連したAdobe AIR 1.1の主な改良点は以下。

  • 日本語のHTMLがAdobe AIR上のアプリケーションで表示される際の日本語自動判別と自動表示
  • 日本語IMEのサポートにより、HTMLフォームでの日本語入力が可能
  • JavaScriptとActionScript間で、日本語文字列の受け渡しが可能
  • ファイル(ファイルパス)名に日本語が使用されていても正しく指定が可能
  • AIRランタイムのインストーラのユーザーインターフェイスが日本語で表示
  • AIRランタイムをアンインストールする際に、ランタイムに依存して正常に動作しなくなるAIRアプリケーションのリストを警告表示

(@IT 河内典子)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...