コンピュータ芸術の祭典で受賞

ニコニコ動画がメディアアートとして認定

2008/06/19

 ドワンゴが6月19日に発表したプレスリリースによると、ニワンゴが運営する動画共有サイト「ニコニコ動画(SP1)」が、2008年度アルス・エレクトロニカで、デジタルコミュニティ部門のHonoray Mentions賞を受賞した。

 アルス・エレクトロニカは、オーストリアで毎年開催されているメディアアートの祭典。2008年は「A New Cultural Economy: The Limits of Intellectual Property.」をテーマとして掲げており、展示自体は9月4日からとなる。各賞はこの祭典に先駆けて発表された。

 なお、デジタルコミュニティ部門のGolden Nica賞は、中国のNGOが運営する「1kg more(多背一公斤)」が受賞した。そのほかのGolden Nica賞受賞作品はこちら

 インタラクティブアート部門では日本の平川紀道氏が、コンピューターアニメーション・フィルム・VFX部門ではリンクスデジワークスの木村卓氏の作品が部門賞を受賞した。

 各賞の受賞作もアルス・エレクトロニカのWebサイト上で確認できる。

(@IT 原田美穂)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

2021年の炎上発生件数は1766件、前年対比24.8%増――「デジタル・クライシス白書2022」
2021年のデジタル・クライシス(ソーシャルメディアを中心としたネット上で発生した危機...

若者のインスタ離れを食い止めるためにMetaが下した「古参ユーザー切り捨て」の決断
Metaの若者文化への主要な接点であるInstagramは現在、反撃を目指している。メタバースへ...

2022年のEC売り上げ、6割が「伸びる」と予測――フューチャーショップ調査
コロナ禍でも拡大し続けるEC、ポイントは口コミSNSの活用にありそうです。