エントリーモデルは2万円台

日本HP、Linuxベースの独自OS搭載シンクライアントを発売

2008/10/01

hp01.jpg HP t5545 Thin Client

 日本ヒューレット・パッカードは10月1日、シンクライアントの新製品2機種を発表した。ネット端末として単体での利用や、同社のシンクライアント関連ソリューションでのアクセス端末としての利用を想定している。エントリーモデルの「HP t5545 Thin Client」(税抜き2万8000円)はLinuxベースの独自新OS「HP ThinPro」を搭載。スタンダードモデルの「HP t5630 Thin Client」(税抜き4万6000円)はWindows XP Embeddedを搭載する。直販営業や代理店経由で10月2日から販売を開始する。オンラインストアでは10月中旬に販売開始を予定。

 独自の新OS、HP ThinProは、ネットワーク越しのモジュラーアップデートが可能。ターミナルエミュレータ「TeemTalk」を搭載したほか、ブラウザにFirefox3を搭載。RDP、ICAプロトコルに加え、Windows、Citrix、メインフレーム、UNIXの各サーバや、Webアプリケーションなどに対応する。

 Windows XP Embeddedモデルは、Windows XP対応のアプリケーションが利用可能で、スタンドアローンのPCとしても利用できる。転送データを170:1の高圧縮率でエンコードする「HP Remote Graphics ソフトウェア」に対応し、動画などの大容量データも高速転送ができるという。

 プロセッサは2モデルとも共通でVIA Eden 1GHz。メモリはLinuxベースのものが512MB、Windowsベースのものが1GB。ビデオ出力用にDVI-D端子とD-sub端子を備え、2画面同時出力もできる。シリアル・パラレルのレガシーポートのほか、USBポートを6ポート用意。USBの2ポート分はユーザーのみアクセス可能な「セキュアUSBコンパートメント」に収納され、無線LANモジュールやUSBドライブを安全に利用できるという。

 本体サイズは52.07(幅)×215.9(奥行き)×209.55(高さ)ミリ、重量1.54キロ。

 日本HPは2005年6月からシンクライアント、ブレードPCなどを用いたリモートクライアントソリューションを展開している。

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Master of IP Network フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

DIORが本気で挑むラグジュアリー体験としてのAR
広告プラットフォームのTeadsがAR(拡張現実)とAI(人工知能)技術を応用したサービスを...

AIに対して良い印象を持っている人は70%以上 理由は?
楽天インサイトが「AIに関する調査」結果を発表。AI(人工知能)のイメージや生活への関...

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...