最大7人までの音声通話

ウィルコム、手描きチャットやグループ通話提供へ

2008/10/28

 ウィルコムは10月28日、スマートフォン同士で手描きによる文字やイラスト、写真をやりとりできるサービス「手描きチャット」を発表した。11月7日から提供する。WILLCOM 03、Advanced/W-ZERO3[es]などに専用ソフトウェアをインストールすることで利用できる。ソフトウェアは手描きチャットのホームページ(http://tegakichat.jp/)からダウンロードできる。利用料金は月額315円(税込)だが、2009年3月31日までは無料。料金コースによってはパケット通信料が別途かかる。

 手描きチャットは、離れた場所にいる相手でもリアルタイムで手描きの文字やイラスト、写真をやりとりすることができる新しいコミュニケーションツール。自分の画面に手描きをしたり写真を貼り込むと、相手の画面に同じ内容が即時に表示される。ただし、手描きチャット中は音声通話はできない。手描きチャットに対応しない端末やPCへ送った場合、最初の“お誘いメッセージ”がJPEG画像として届く。手描きの文字や写真によって待ち合わせ場所などの情報を相手に正確に伝えることができるなどビジネスシーンでも活用できるとしている。

willcom01.png 手描きチャットの例

 同日ウィルコムは、ウィルコム端末の利用者同士で最大7人での同時通話が可能になるサービス「ウィルコムミーティング」も発表した。11月4日から提供を開始する。申し込みは不要。利用料は1分当たり10.5円で月額上限は1050円(税込)。「ウィルコム定額プラン」や「新つなぎ放題+話し放題」を契約している利用者であれば、通話料が24時間無料でウィルコム ミーティング利用料のみで使える。

 ウィルコムミーティングの利用には、まず専用サイトかガジェットを使って参加者のメールアドレスを登録し、招待メールを送信する。招待状を受けた参加者は、メール内にあるリンクをクリックすることで通話に参加できる。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「6G」の特許出願レースは中国がリード、日本は追い付けるか?
2020年台後半には実用化が始まるといわれる6Gの技術。日本は世界で存在感を示せるでしょ...

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。