レガシーOSから、オープンな先進OSへの移行を促進

ヴイエムウェアがケータイにも仮想化提供へ

2008/11/11

 米ヴイエムウェアは11月10日、モバイル端末向けのリアルタイムハイパーバイザ「VMware Mobile Virtualization Platform」(VMware MVP)を提供する計画を明らかにした。2008年10月に買収したフランスのベンチャー企業、トランゴ・バーチャル・プロセッサの技術をベースにしたものという。

 VMware MVPを利用すると、PC向けの仮想化技術と同様に、隔離された仮想環境上で複数のOSを実行できる。このことにより、

  • 異なるOSやチップセット向けのドライバやソフトウェアを移植する必要がなく、端末開発メーカーはコスト削減が可能
  • 端末メーカーは、実績があるセキュアな環境による決済アプリケーションをハイパーバイザ上で利用可能としたまま、オープンなOSの採用が可能。オープンOS上ら決済アプリケーションは隔離される
  • 企業ユーザーは、従業員が使うプライベートな端末上で、プライベートな空間から隔離された業務用のOSやソフトウェア環境を導入できる
  • 端末ユーザーは、新規端末への買い替え時にファイルの移動だけでアプリケーションやデータの移行ができる

といったメリットが生まれるという。

vmware02.png トランゴ・バーチャル・プロセッサが2005年に公開したシステム構成の例示
vmware01.png トランゴ・バーチャル・プロセッサが公表しているハイパーバイザの利用例。カード会社が進めるPINコード入力端末の認定「PCI-PED」を受けたアプリケーションをハイパーバイザを使って1コア上に実装できる

 サポート予定のOSは、Windows CE 5.0/6.0、Linux 2.6.x、Symbian 9.x、eCos、μITRON、NORTi、μC/OS-II。トランゴのハイパーバイザはシングルコアもしくはマルチコアのARM、MIPSアーキテクチャをサポートするが、VMware MVPが同等のサポートを提供するかは現時点で不明。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Coding Edge フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...