インプレスが白書で報告

ケータイの平均ダウンロード速度は302kbps

2008/11/28

 インプレスR&Dはモバイル利用動向をまとめた書籍『ケータイ白書2009』を12月8日に発売する。価格は税別6800円。同白書は今年で5年目の発刊で、独自のユーザー調査と専門家の寄稿で、インターネット化が進む携帯電話市場やモバイルビジネスの最新動向を解説する。

 2009年版ではユーザーの協力のもと、携帯電話のダウンロード速度を計測する「モバイルスピード調査」を初めて実施。その結果、日本のケータイの平均ダウンロード速度を302kbpsだったとしている。計測はFlash1.1対応携帯電話を使い、端末アクセスシェアの補正をかけて平均値を算出した。2008年10月初旬から3週間で約6万のデータを集めた。

 ダウンロード速度は端末や通信方式によって大きな差があり、auのEV-DO Rev.A端末では521.0kbps、ドコモのHSDPA端末では439.1kbps、ソフトバンクのHSDPA端末では203.7kbpsとなったという。また、これら3.5G端末に対して3G端末では100kbps台のスピードにとどまっている。

 同社は302kbpsという平均速度について「メガビットクラスの実測値が出る固定ブロードバンドに比べ、日本のモバイル環境はまだブロードバンド化前夜と言えます」としている。

 通信規格別やパケット定額制の契約数を見ると、2008年9月時点での3G契約数は8973万件と市場全体の89.3%。うち3.5Gは3860万契約で市場全体の36.8%を占める。また、パケット定額制の契約数は2008年9月時点で3973万と携帯電話市場の37.9%を占めるという。

 白書ではモバイルスピード調査のほかに、個人の携帯電話やスマートフォンユーザーの実態調査、パケット定額制の市場予測、法人利用実態調査など300点以上の独自調査データのほか、次世代高速ネットワークやモバイルOSの動向解説などを掲載している。

 このほか主な調査結果は以下の通り。

  • 1台の端末を利用する期間が長期化。端末価格は3万円以上が昨年の5.4%から24.6%へ
  • ワンセグ機能利用率は昨年17.5%から今年35.8%に。GPS機能付き機種の保有も初めて50%超える
  • 女性10代のケータイSNS利用率は42.2%、動画の視聴は29.6%、着せ替え機能は29.4%
  • 利用しているスマートフォンは、Advanced W-ZERO3[es]が1位、iPhone 3Gが2位。以下、W- ZERO3[es]、WILLCOM 03、EMONSTERと続く
  • キーボードの魅力が低下し、タッチパネルが上昇。「ブランド」重視は昨年の6.2%から17.6%に

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

HTML5 + UX フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。

テレビと広告とTwitterと人間の脳の関係について、いま分かっていること(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...