NVIDIAのGPGPU採用スパコン「TSUBAME」で実習

東工大、GPU/CPU混在クラスタ利用のHPC講座を開講

2008/12/02

 NVIDIAと東京工業大学は12月2日、NVIDIAの並列処理向け開発環境「NVIDIA CUDA」を含む並列プログラミングの講座を、日本国内としては初めて2008年10月から開講中であると発表した。講座名は「計算数理実践-HPC-」で、受講対象となるのは東工大の主に大学院生。

 大規模な並列計算機の上で、並列アプリケーションを自ら研究開発する研究者や学生のために、さまざまな並列プログラミングの言語や技法を伝授する。

 東工大は2006年6月に約1万個にのぼるAMDのOpteronベースのプロセッサをクラスタ構成にしたスーパーコンピュータシステム「TSUBAME」を導入。世界のスーパーコンピュータランキングとして知られる“TOP500”に世界7位として登場した。その後も性能向上を重ねてきた。2008年11月にはNVIDIAのGPGPU向け1U製品「Tesla GPU」を170台(GPUボードにして680枚)追加することで性能向上を果たし、再びTOP500の上位にランクインしていた。

 講座では、TSUBAME上のTeslaでCUDAを使った並列プログラミングの実践的実習も行うという。東工大では講座開講により、GPUを含む高度な並列計算に関する知識の向上や大規模シミュレーションによる最先端研究の発展が期待される、としている。

 CUDAはC言語に並列処理向けの構文を追加したNVIDIA独自の開発環境で、並列性の高いGPUを使って高い計算性能を発揮するアプリケーションを比較的容易に構築できる。

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Coding Edge フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...

香り体験をデジタル化する「香りリテールメディア」 東芝テックとスコープが提供開始
店頭に香りリテールメディア用のタブレットと香料噴射器が付いた商品棚を設置して、消費...

電通と電通デジタル、電通プロモーションプラス3社横断のCX専門チームが発足
dentsu Japanの3社は、分散しがちだったCXの施策、ノウハウ、データをつなげるストック型...