Adobe AIR、Silverlightに対抗

JavaFX SDK 1.0正式版をリリース、サン

2008/12/05

 サン・マイクロシステムズは12月4日、RIA構築用プラットフォーム「JavaFX 1.0」の正式版をリリースした。JavaFX 1.0には、JavaFXビデオサポートのほか、「JavaFX Development Environemnt」「JavaFX Production Suite」「JavaFX Desktop」の3つのコンポーネントを含む。コードサンプルやドキュメントも含め、公式サイトからダウンロードできる。

javafx01.png JavaFXの公式サイト(http://www.javafx.com/)

 JavaFX Video Supportはクロスプラットフォームでの動画再生環境を提供するもので、On2テクノロジーズが提供するコーデックをサポートする。On2は同社のFlixビデオエンコーダで、これまでサポートしていたFlash8/9向けや3GPP互換やH.264のモバイル向けに加えてJavaFXビデオに対応した。

 JavaFX Development Environmentはコンパイラとランタイムのほか、グラフィックやマルチメディア、Webサービス、テキスト関連のライブラリを含む。また、統合開発環境のNetBeans 6.5も含まれる。NetBeansだけでなく、Eclipse向けのJavaFXプラグインが含まれる。JavaFXはJavaのランタイムがある環境で活用でき、モバイル端末向けの開発がやりやすいよう、モバイル端末エミュレータも含まれているという。

 JavaFX Production Suiteはデザイナ向けツール。アドビ システムズのPhotoshopやIllustratorからワンクリックでJavaFX向けにデータをコンバートし、JavaFXアプリケーションに取り込める。

 JavaFX DesktopはJava SE 6 Update 10の機能を引き出すためのもので、Javaのプラグイン機能を実現する。これによりWebブラウザ中で稼働するJavaFXアプリケーションを、独立したデスクトップアプリケーションとしてドラッグ&ドロップで取り出すといった操作が可能になる。

 サン・マイクロシステムズは2009年春にはJavaFXのモバイル版も提供予定であるほか、テレビを含む組み込み向けとしても提供していく予定という。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Java Agile フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

外注費の実態 「動画制作」「マーケティング」が大きく増加の傾向――ランサーズ調査
フリーランスや専門会社への「外注」について、どのような業務の外注費が増加傾向にある...

SEO対策において「古い記事」をどうすべきか? 3つの対処法を解説
SEOの観点では、古い記事は削除した方がいいのか、残しておいても大丈夫か。どのような対...

「広告のムダ打ち」はなぜなくならない? アドフラウド以外に考慮すべき3つの視点
「アドフラウド」以外に、広告が届けたい相手にきちんと届くようにするために留意すべき...