Adobe AIR、Silverlightに対抗

JavaFX SDK 1.0正式版をリリース、サン

2008/12/05

 サン・マイクロシステムズは12月4日、RIA構築用プラットフォーム「JavaFX 1.0」の正式版をリリースした。JavaFX 1.0には、JavaFXビデオサポートのほか、「JavaFX Development Environemnt」「JavaFX Production Suite」「JavaFX Desktop」の3つのコンポーネントを含む。コードサンプルやドキュメントも含め、公式サイトからダウンロードできる。

javafx01.png JavaFXの公式サイト(http://www.javafx.com/)

 JavaFX Video Supportはクロスプラットフォームでの動画再生環境を提供するもので、On2テクノロジーズが提供するコーデックをサポートする。On2は同社のFlixビデオエンコーダで、これまでサポートしていたFlash8/9向けや3GPP互換やH.264のモバイル向けに加えてJavaFXビデオに対応した。

 JavaFX Development Environmentはコンパイラとランタイムのほか、グラフィックやマルチメディア、Webサービス、テキスト関連のライブラリを含む。また、統合開発環境のNetBeans 6.5も含まれる。NetBeansだけでなく、Eclipse向けのJavaFXプラグインが含まれる。JavaFXはJavaのランタイムがある環境で活用でき、モバイル端末向けの開発がやりやすいよう、モバイル端末エミュレータも含まれているという。

 JavaFX Production Suiteはデザイナ向けツール。アドビ システムズのPhotoshopやIllustratorからワンクリックでJavaFX向けにデータをコンバートし、JavaFXアプリケーションに取り込める。

 JavaFX DesktopはJava SE 6 Update 10の機能を引き出すためのもので、Javaのプラグイン機能を実現する。これによりWebブラウザ中で稼働するJavaFXアプリケーションを、独立したデスクトップアプリケーションとしてドラッグ&ドロップで取り出すといった操作が可能になる。

 サン・マイクロシステムズは2009年春にはJavaFXのモバイル版も提供予定であるほか、テレビを含む組み込み向けとしても提供していく予定という。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Java Agile フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。