クロスプラットフォーム、C言語ベース

並列プログラミング規格「OpenCL 1.0」が標準として批准

2008/12/10

 OpenGLなどのオープン業界標準を策定する業界団体、Khronosグループは12月9日、シンガポールで開催中のイベントSIGGRAPHにおいてクロスプラットフォーム対応の並列プログラミング標準規格「OpenCL 1.0」(Open Computing Language)を批准したと発表した。ロイヤルティフリーで利用できる。

 OpenCLはプロセッサのマルチコア化や、計算目的でのGPU利用、いわゆるGPGPUの興隆などの背景から標準的な並列プログラミングAPIへのニーズの高まりに応えるもの。CPU、GPU、Cell、DSPなど異なるアーキテクチャのプロセッサ上、もしくはこれらを組み合わせたハードウェアで使え、データ並列、タスク並列の計算モデルをサポートするという。OpenCLはOpenGLと組み合わせて利用することも想定している。

 開発にはC言語ベースのプログラムを使う。OpenCLは、アップルがNVIDIAやAMD、インテルらと協力して開発した規格で、約半年前にアップルがKhronosに提出していた。アップルは次期バージョンのMac OS X(Snow Leopard)でOpenCLを採用する予定と発表している。

 OpenCLにはモバイル向けのプロファイルもあり、OpenCLを開発・批准したベンダのリストにはプロセッサベンダやGPUベンダ、コンパイラメーカーのほかにもARM、Broadcom、Ericcson、Freescale、Samsung、Texas Instrumentsなど組み込み系のベンダも多く名を連ねている。

関連リンク

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

Coding Edge フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...